低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

SBI証券iDeCoに新規設定の「セレクトプラン」を商品比較!

time 公開日:
SBI証券iDeCoに新規設定の「セレクトプラン」を商品比較!

SBI証券は、iDeCo(個人型確定拠出年金)に新たに「セレクトプラン」を設定することを発表しました。

2018年11月1日(木)より受付開始予定です。

そこで、SBI証券の「セレクトプラン」の概要と商品ラインアップを比較してみたいと思います。

sponsored link

目次をタップすると見出しにとびます

SBI証券iDeCoは2つのプランになる

SBI証券は、現行のiDeCoのプランを「オリジナルプラン」とし、新たに2018年11月から「セレクトプラン」を新規設定することを発表しました。

つまり、SBI証券のiDeCoは「オリジナルプラン」と「セレクトプラン」の2つのプランが併存することになります。

プレスリリースでその概要が発表されています。

2018年11月1日からは、ラインナップが異なる2つのプランからいずれかを選択することになります。

なお、両プランにおける口座管理手数料、加入時・移換時、運営管理機関変更時の手数料等は同一です。

今回設定された「セレクトプラン」のほうが低コストで人気の投資信託を厳選したラインアップになっていますので、新たにiDeCoをスタートさせる方は「セレクトプラン」を選ぶといいでしょう。

SBI証券iDeCoの「セレクトプラン」の選び方

では、SBI証券のiDeCoで「セレクトプラン」を選ぶとしたらどのような商品がいいのか、ラインアップをチェックしてみたいと思います。

「セレクトプラン」は、「低コスト」と「多様性」にこだわって選定した投資信託33本と元本確保型1本の34商品です。

SBI証券なら最低コストでiDeCoを運用することができます。

投資信託を選ぶ際のポイントはこの3点です。

信託報酬が低いか

長期運用では信託報酬の低い商品のほうがリターンが期待できるというのが、積立投資の基本になります。

低コストの投資信託がどれなのかを見極めたいところです。

純資産があるか

また投資信託を選ぶ際に確認したいのは、純資産があるかという点です。

資産が大きければ安定的な運用が期待できます。そこで、参考として各ファンドの純資産(2018年9月27日時点)を掲載しました。

純資産の数字はあくまでその時点でのスナップショットにすぎませんが、参考にするひとつの目安になります。

安定的な資産運用が期待できるか

最後は安定的な資産運用が期待できるかです。

各ファンドにはそれぞれの投資信託のホームページをリンクしてあります。興味をもった商品があれば、その詳細をリンク先で確認してみてください。

実質的な信託報酬、投資の方針、純資産の推移などを目論見書や報告書で確認するといいと思います。

では、各資産クラス別に新しい商品をチェックしていきたいと思います。

日本株式インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)三菱UFJ国際投信0.17172%44.96億円
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドニッセイアセットマネジメント0.17172%35.43億円

TOPIXは「eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」

TOPIXに連動するインデックスファンドは「eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」シリーズを設定しました。

SBI証券のiDeCoに三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」シリーズが採用されるのははじめてのことになります。

「業界最低水準を目指し続ける」というコンセプトですので、低コストで投資を継続することが期待できます。

低コストでの運用が期待できます。

日経平均は「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」

日経平均に連動するファンドがいい人は「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」です。

いずれも最低コストクラスの信託報酬になります。

海外株式インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス三菱UFJ国際投信0.11722%227.45億円
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイ アセットマネジメント0.11722%1040.66億円
eMAXISSlim米国株式(S&P500)三菱UFJ国際投信0.1728%以内33.60億円
iFree NYダウ・インデックス大和証券投資信託委託0.2430%83.12億円
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)日興アセットマネジメント0.3024%46.65億円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス三菱UFJ国際投信0.20412%92.21億円

先進国株式は「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」

先進国株式クラスは「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」と「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。

両者とも信託報酬は0.11722%と断トツの低コストです。

インデックスファンドで積立投資をするなら、先進国株式クラスをコアにするのがスタンダードな戦略です。

SBI証券のiDeCoでも「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」が選べるようになったのはビックニュースだと思います。

 

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」も登場

そして先進国株式クラスに「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」も入りました。

こちらも1,000億円の純資産を超える人気のインデックスファンドです。

「eMAXIS Slim」と「ニッセイ」というライバル関係の両者が2つともラインアップに入ったというのが今回の「セレクトプラン」の特徴といえます。

iDeCoに「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」初登場

アメリカのS&P500に連動する「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」が設定されました。

iDeCoに「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」が入るのはSBI証券が初めてだと思います。

ウォーレン・バフェットは、かねてから「ふつうの人はS&P500のインデックスファンドをバイ・アンド・ホールドせよ」と述べています。

先進国株式クラスでもアメリカに投資できますが、アメリカだけに投資したい方には「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」が利便性のある選択肢になります。

 

「iFree NYダウ・インデックス」も選択肢

「セレクトプラン」にも「iFree NYダウ・インデックス」が設定されました。

NYダウに連動するインデックスファンドです。

アメリカの株式だけに投資したいという方の選択肢にはなりますが、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」のほうが信託報酬は低くなっています。

投資対象が異なりますが、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」のほうが個人的にはベターな選択だと思います。

新興国株式は「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」

新興国株式クラスは「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」です。

新興国株式クラスに投資するインデックスファンドとしては最安です。0.20412%と超低コストになっています。

SBI証券のiDeCoなら新興国株式クラスにも低コストで投資ができます。

 

全世界インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))SBIアセットマネジメント0.15%12.79億円
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)三菱UFJ国際投信0.15336%22.67億円
EXE-i グローバル中小型株式ファンドSBIアセットマネジメント0.3304%60.55億円

全世界インデックスは「雪だるま(全世界株式)」

今回のラインアップで全世界インデックスが用意されたのも1つの特徴です。

1本で全世界に投資できるのが「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」です。

日本を含む世界の株式へ投資を行い、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指す商品になります。

先進国と新興国に1本で投資する「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」

日本を投資対象に含めたくないという方は「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」です。これ1本で先進国株式クラスと新興国株式クラスに投資できます。

世界の中小型株式に投資する「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」

「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」は、ETF(上場投資信託)への投資を通じて、世界(日本を含む)の中小型株式へ投資するファンドです。

参考指標は、「FTSEグローバル スモール・キャップ インデックス(円換算ベース)」で世界の中小型株式市場に投資したい人のニーズに応える商品になります。

国内債券インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
eMAXISSlim 国内債券インデックス三菱UFJ国際投信0.15012%以内19.83億円

国内債券は「eMAXISSlim 国内債券インデックス」

国内債券クラスは「eMAXISSlim 国内債券インデックス」です。

十分な低コストですが、非課税枠のiDeCoで国内債券クラスを選択するのは少しもったいない気もします。あえて選択しなくてもいいような気もします。

海外債券インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス三菱UFJ国際投信0.1836%24.65億円
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)日興アセットマネジメント0.2808%30.64億円
iFree 新興国債券インデックス大和証券投資信託委託0.2376%20.25億円

注目は「iFree 新興国債券インデックス」

先進国債券クラスも「eMAXISSlim 先進国債券インデックス」と「eMAXISSlim」シリーズが入りました。

個人的に注目なのは「iFree 新興国債券インデックス」です。

新興国債券クラスで最低コストの商品がSBI証券のiDeCoに入りました。信託報酬を意識した選択になっています。

国内外REITインデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンドニッセイ アセットマネジメント0.27%87.33億円
三井住友・DC外国リートインデックスファンド三井住友アセットマネジメント0.3024% 20.28億円

REITも低コスト

国内REITは「<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド」です。国内のREITクラスも最安クラスの商品になっています。

海外REITは「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」と、最安クラスではありませんが、低コストの商品を入れています。

バランス型インデックス

商品名委託会社信託報酬純資産
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)三菱UFJ国際投信0.17172%163.42億円

注目は「eMAXISSlimバランス(8資産均等型)」

低コストのバランス型投資信託のなかで、今最も急速に資産を集めている「eMAXISSlimバランス(8資産均等型)」が入りました。

これ1本を選べば8資産に分散投資ができて、バランス型投資信託としては最低コストクラスの0.17172%(税込)です。

初心者にとってもわかりやすく選びやすいラインアップになっています。

 

アクティブファンド

商品名委託会社信託報酬純資産
ひふみ年金レオス・キャピタルワークス0.8208%204.74億円
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン投信0.6%±0.02%1718.55億円
セゾン資産形成の達人ファンドセゾン投信1.35%±0.2%703.18億円
つみたて椿大和証券投資信託委託0.972%0.23億円
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>SBIアセットマネジメント1.836%224.72億円
農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド農林中金全共連アセットマネジメント0.972%6.28億円
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)ラッセル・インベストメント1.4364%69.29億円
ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドSBIアセットマネジメント2.0972%程度22.57億円
SBI‐PIMCO 世界債券アクティブファンド(DC) SBIボンド・インベストメント・マネジメント0.81432%
iFree 年金バランス大和証券投資信託委託0.17172%0.43億円
SBIグローバル・バランス・ファンドSBIアセットマネジメント0.2891%程度

セレクトプランにも「ひふみ年金」

「ひふみ年金」は、レオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」のマザーファンドへ投資する投資信託です。

藤野英人さんをはじめとしたファンドマネージャーの顔が見える運用で人気のアクティブファンドです。主に日本の成長企業に投資しています。

セレクトプランにも「ひふみ年金」が用意されました。

2017年2月16日にテレビ東京の「カンブリア宮殿」に出演して以来、急速に資産を集めているアクティブファンドです。

 

SBI証券iDeCoに「セゾン投信」登場

今回の「セレクトプラン」にセゾン投信の2商品が登場しました。

それが「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」(信託報酬0.60%±0.02%)と「セゾン資産形成の達人ファンド」(信託報酬1.2856%)です。

SBI証券のiDeCoに初登場です。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、1000億円を超える人気の投資信託です。時価総額比率で資産配分されていますので、資産配分をどうしたらいいかよくわからない…という人は、これ1本で全世界に分散投資ができます。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の特徴は、株式と債券の割合が1:1で設計されている点です。

「リスクが大きいのは怖い」という方は、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」1本でiDeCoをスタートさせるのはひとつの選択でしょう。

昨今のコスト競争からすると、信託報酬がやや高くうつりますが、セゾン投信なら教育的なフォローが期待できますし、ホームページなどでも積極的に情報公開しています。

セゾン投信は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の信託報酬を引き下げました。顧客目線の経営を実践しているのがセゾン投信です。

GPIFと同じ「iFree 年金バランス」も新規設定

おもしろいところでは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と同じ配分比率の「iFree 年金バランス」が入りました。

公的年金と同じ株式50:債券50の割合の資産配分で運用することができます。

国内株式25、外国株式25、外国債券15、国内債券35を「基本ポートフォリオ」として定めています。

プロが考えた公的年金と同じ資産配分でiDeCoで資産形成をするというのも、意外と合理的な選択肢かもしれません。

 

コモディティ

商品名委託会社信託報酬純資産
三菱UFJ 純金ファンド (愛称:ファインゴールド)三菱UFJ国際投信0.972%153.20億円

ゴールドも低コスト

ゴールドも比較的低コストの商品が入っています。

ターゲットイヤー

商品名委託会社信託報酬純資産
セレブライフ・ストーリー2025SBIアセットマネジメント0.6880%10.53億円
セレブライフ・ストーリー2035SBIアセットマネジメント0.6922%15.52億円
セレブライフ・ストーリー2045SBIアセットマネジメント0.6950%10.47億円
セレブライフ・ストーリー2055SBIアセットマネジメント0.6769%5.34億円

ターゲットイヤーは他のファンドと比べると相対的に高コストな印象です。

あえて選択しなくてもいいような気がします。

SBI証券iDeCoを利用するなら「セレクトプラン」

「セレクトプラン」の発表により、SBI証券のiDeCoは魅力を増すことになりました。

これからSBI証券で新規にiDeCoをスタートする方は「セレクトプラン」を選択するのがいいでしょう。

「オリジナルプラン」と比較してみるとわかると思いますが、「セレクトプラン」のほうが低コスト商品がきちんと揃っています。SBI証券iDeCoで新規にはじめる方は迷いなく「セレクトプラン」がおすすめです。

SBI証券のiDeCoなら、金融機関の運営管理手数料が最低コストですので、最安でiDeCoのメリットを享受できます。

「セレクトプラン」の受付開始は、2018年11月1日(木)の予定です。

まだ受付前ですので、「セレクトプラン」で新規にiDeCoをスタートしたい方は2018年11月1日まで待ってから資料請求をするといいと思います。

なお、これまでSBI証券のiDeCoを利用していた方も「セレクトプラン」へ変更することも可能です。

手数料無料で移行できますが、プラン変更にあたっては、現在加入しているプランの資産を全売却し現金化した上で、資産の移換を行うということです。資産の移換には2〜3ヶ月かかり、その間は積立もできないようですので注意が必要です。

従来のプランを利用している方の場合は、プランの変更は慎重に判断したほうがいいように思います。

iDeCoは低コストで利用するのが賢い選択です。着実に資産形成を進めていきたいですね。

以上、SBI証券iDeCoに新規設定の「セレクトプラン」を商品比較!…という話題でした。

 

参考リンク:

iDeCo(個人型確定拠出年金)の金融機関は200社以上ありますが、地雷商品をおいている金融機関も多いです。iDeCoの金融機関を間違えないようにしましょう。

 

SBI証券の「オリジナルプラン」と比較したい方はこちらを参考にしてください。従来のプランについてまとめています。

 

iDeCoをはじめるなら本で学んでおくと落ち着いて資産形成に取り組むことができます。iDeCoの良質な本で学んで資産形成に取り組めるといいと思います。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ