低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

投資信託の購入価格や評価額は、気にしない。

time 公開日:
投資信託の購入価格や評価額は、気にしない。

積立投資の基本ルールとして、重要だと思うことがあります。

それは、「投資信託の購入価格や評価額は、気にしない」ということです。

これは積立投資を続けてきて思う私の実感です。どういうことなのか、考え方のポイントをご紹介したいと思います。

sponsored link

投資信託の購入価格に大きな意味はない

投資をはじめたころは、購入価格が気になると思います。私もそうでした。

いくらで購入したのか、それが安く購入できたのかなど、購入価格が気になるのです。

ですが、積立投資を続けるのであれば、投資信託の購入価格に大きな意味はありません。

積立投資の場合、購入価格は数ある購入機会のなかの「1回の値段」に過ぎないのです。積立投資で何回も購入すればするほど、時々の購入価格は大きな意味を持たなくなります。

時々の購入価格は「リターンとは関係がない」と思うくらいがいいと思います。

投資信託の評価額も気にしない

さらにいえば、投資信託の評価額も気にしないほうがいいと思います。

最近は比較的安定した相場なので、評価額がプラスで安定していて気分がいい人も多いでしょう。

日々の評価額が気になっているという人も多いと思います。

ですが、相場が下がってくると見える状況が変わってきます。現在の評価額がもっと気になり、気分も暗くなります。

そうすると、積立投資に迷いが生じるのです。

相場が下がると、「このまま保有していていいのだろうか。」という気持ちになり、最初の購入金額にもどるだろうかと不安になったりもします。

ですが、目先の上がり下がりに一喜一憂していたのでは、投資信託の積立投資を続けるにあたって精神的によくありません。

大事なことは、売らなければ損失は確定しないということです。逆にいえば、売らないかぎり利益も確定しません。

何が言いたいかというと、現金化するタイミングでないのであれば、そのときの評価額には大きな意味がないということです。

気持ちはわかりますが、売却するのでなければ関係がないのです。

投資信託を売るのは先のこと

短期で売買をするのではなく、長期投資をすることを考えて投資信託を購入したのですから、投資信託を売るのは先のことです。

投資信託を売るのはまだ先のことです。そこを忘れなければ、将来くるであろう下落相場もきっと乗り切れると思います。

下落相場を喜べるようになれば、本物です。

以上、投資信託の購入価格や評価額は、気にしない…という話題でした。

 

参考リンク:

期待リターンからアセットアロケーションを考えることも誤りだと思っています。目標額を設定するアプローチは、資産形成にとってマイナスに働きます。

 

積立投資をはじめてみると、毎月買い足すのが楽しみになります。やってみるとわかると思います。

 

投資のコツは、しばらく使わないお金で投資をすることです。それができれば、資産は少しずつ増えていきます。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資のはじめかた

投資の日常

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ