低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

SBI証券が「つみたてNISA」の対象商品(予定)を公表。

time 2017/09/27

SBI証券が「つみたてNISA」の対象商品(予定)を公表。

SBI証券が「つみたてNISA」の対象商品を発表しました。

2017年9月21日現在の暫定という扱いですが、来年1月の「つみたてNISA」のイメージをつかむには十分な内容です。

どんな投資信託が「つみたてNISA」の対象になるのか、みてみたいと思います。

sponsored link

投資信託71本が対象

今回の発表では、投資信託71本が対象となっています。

詳細はリンク先でご覧ください。

指定インデックス投信が62本、その他アクティブ運用投信が9本というラインアップです。

指定インデックス投信は62本

指定インデックス投信の品揃えは、すでに積立投資をしている人にとってはお馴染みのシリーズです。

各社の代表的なインデックスシリーズが掲載されています。

すでに積立投資をしている人にとってはおなじみのシリーズですね。

そのなかで、唯一、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの「全世界株式インデックス・ファンド」が入っています。

最近になって新規設定された全世界型のファンドが食い込んだのが印象的です。

全世界株式型のインデックスファンドは、日本を含む先進国と新興国の株式にこれ1本で投資できるという利便性があります。これから需要が見込めるかもしれませんね。

その他アクティブ運用投信は9本

その他アクティブ運用投信は、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」が入っています。

また、「世界経済インデックスファンド」がアクティブ運用投信に分類されています。

「世界経済インデックスファンド」はインデックスファンドだと思うのですが、何か分類の基準によるものなのでしょうかね?

ちょっとよくわかりませんが、「その他アクティブ運用投信」のなかでは、低コストの「世界経済インデックスファンド」が結果的に目立つ形になっています。

はじめての人にやさしい「つみたてNISA」

「つみたてNISA」のラインアップは良心的な商品を金融庁が絞り込んでくれています。

これまでの投資では、5,000本以上の投資信託のなかから選んでください、というのが常識でした。

ですが、「つみたてNISA」なら絞り込まれています。良心的な71本のなかから選んでください、ということであれば、はじめての人でもわかりやすいです。

バランス型投資信託1本でいくのか、それとも個別のインデックスファンドを組み合わせるのかをまず決めれば、おのずと選ぶべき投資信託は絞り込まれます。

どれも低コストの部類ですので、少しリサーチして好みの投資信託を選べばいいだけです。

はじめての人にやさしい「つみたてNISA」です。

SBI証券は、いち早く「つみたてNISA」の情報を公開することで、顧客に訴求する戦略ですね。「つみたてNISA」で積極的にアピールしていく戦略は有効な広告戦略だと思います。

良心的な仕組みで、積立投資をスタートできる人が増えるといいですね。

以上、SBI証券が「つみたてNISA」の対象商品(予定)を公表…という話題でした。

 

参考リンク:

「つみたてNISA」の対象ファンドも金融庁から正式に発表されました。低コストの長期投資に向いた商品に絞り込まれています。

 

 

金融庁はつみたてNISAを「顧客に寄り添った商品」に限定することになっています。「つみたてNISA」のポイントについてはこちらを参考にしてください。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ