低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

ジュニアNISAのメリットは?成人版NISAとの違いや制度の基本を確認する。

time 2016/04/30

ジュニアNISAのメリットは?成人版NISAとの違いや制度の基本を確認する。

うちには3歳の息子がいるので、今月からはじまったジュニアNISAも気になります。将来の教育費用は考えておきたいところです。

未成年者を対象とするジュニアNISAは、若年層への投資のすそ野の拡大、高齢者から若年層への資産の移転といった効果を狙って対象を広げたものだといいます。

ジュニアNISAは、非課税のメリットがある一方で、少し使いづらい面もありそうです。今回はジュニアNISAの基本を整理したいと思います。

sponsored link

 ジュニアNISAの特徴

ジュニアNISA

【参照】2016年はジュニアNISAを賢く活用|モーニングスター

ジュニアNISAの特徴は次のとおりです。

ジュニアNISAは未成年者が利用可能

ジュニアNISA口座を開設できるのは、その年1月1日現在で0歳~19歳の日本の居住者等です。ジュニアNISAを始めた方が20歳以上になった場合には、成人用のNISAに移行可能です。

親権者等が運用管理

ジュニアNISA口座は、親権者が代理で運用・管理します。祖父母などの二親等以内の方が運用・管理することもできます。

金融機関の変更はできない

複数金融機関での開設や金融機関の変更はできません。NISA口座と異なり、金融機関の変更はできません。

年間投資上限額は80万円

ジュニアNISA口座で投資できる金額は、年間80万円までです。非課税投資枠(年間 80 万円)が設定され、ジュニア NISA 口座で一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。

トータルで最大400万円分が非課税

NISAと同様に、最長5年間は非課税で投資できます。非課税投資枠は総額最大400万円(80万円×5年)になります。

子が18歳になると払い出し可能

0歳児で作って5年間非課税で運用した最大400万円の投資資金は、子供が18歳になると払い出しが可能になります。それより前に払い出す場合は過去分を含む全ての利益に課税されます。

継続管理勘定で20歳まで非課税で保有可能

ジュニアNISA口座で運用していたお金は「継続管理勘定」という新たな口座に移管(ロールオーバー)されて、20歳まで非課税で保有できます。

18歳になったら払い出してもいいですし、NISA口座に引き継ぐことも可能です。

他口座との損益通算はできない

ジュニアNISAについて他口座との損益通算はできません。

通常のNISAとの違い

以上がジュニアNISAの通常のNISAと大きく違う点は、次の3点です。

  • 18歳まで引き出せない(NISAは制限なし)
  • 金融機関の変更はできない(NISAは変更可能)
  • 年間投資上限額は80万円(NISAは120万円)

18歳まで引き出せないことにしているのは、親や祖父母の資産形成ではなく、教育など将来的に資金を要する若年層に長期間で資産形成できることを手助けするという目的から、そのような制限を設けているということのようです。

引き出しの制限があるのは、子どものために資産を残せるというメリットということもできますが、資産の流動性がなくなるという意味ではデメリットということもできます。

ジュニアNISAを使うべき?

ジュニアNISAの出番があるのは、通常のNISAの非課税枠を全部使って、それでも非課税枠が足りないと感じる方だと思います。そういう方には、ジュニアNISAの非課税枠はメリットになります。

ジュニアNISAに興味をもった方で、まだ証券口座もNISAも開設されていない方は、まずは証券会社で積立投資をすることを考えてみてはいかがでしょうか

ジュニアNISA口座でなくとも、通常のNISA口座でも非課税で運用ができます。

ジュニアNISAもNISAも投資になります。インデックスファンドを使った積立投資なら、毎月積立をしながら、日々の生活に集中することができます。

将来の教育資金は用意しておきたい

ジュニアNISAを無理に使う必要がないとしても、将来の教育資金は長期的に用意しておきたいところです。

私は学資保険を利用していません。保険会社の倒産リスクを負いたくありませんし、長期に積み立ててもリターンがあまり望めないからです。

将来の教育資金についても、インデックスファンドの積立投資で用意するつもりです。

将来の教育資金であれば、時間を味方につけることができます。インデックスファンドを使って長期・分散・低コストで資産運用をしていけば、時間を味方につけることで、複利による利益も期待できます。

資産運用を考えるなら、手数料や利便性の面からネット証券が便利です。楽天証券なら、ノーロードで低コストのインデックスファンドが揃っていますし、投資信託の保有で楽天ポイントもたまります。楽天証券で口座開設をすると日経新聞が無料で読めるのも大きなメリットです。

楽天証券

私は楽天証券を便利に使っています。

 

NISA、ジュニアNISAで投資をはじめるなら、積立投資の本でまずは基本をおさえるといいと思います。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ