低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

長女のジュニアNISA口座を開設。

time 更新日:  time 公開日:2018/02/16
長女のジュニアNISA口座を開設。

わが家には2人の子どもがいますが、昨年生まれた長女のジュニアNISA口座は未開設でした。

そこで、長女のジュニアNISAの口座開設の手続きをしました。

これで、2人の子どものジュニアNISA口座が開設できたことになります。

sponsored link

ジュニアNISAの非課税メリット

少し手続きなどが煩雑なジュニアNISAですが、口座開設ができれば通常のNISAと同じように、利益について非課税メリットを享受できます。1年で80万円で、5年間拠出できます。400万円の枠です。

ジュニアNISA口座は親の口座に紐づけされます。

私は楽天証券を利用していますので、ジュニアNISA口座も楽天証券にしました。

長男のときに利用してわかったのですが、入金するためには子どもの銀行口座も必要です。

私は楽天銀行も利用していますので、楽天銀行から楽天銀行にお金を移すのはかんたんですし、無料でできます。そこで、子どもの楽天銀行も開設しました。

家族全体の住民票を2通もらっておいて、後は親の免許証のコピーがあれば、両方とも手続書類は揃いました。

学資保険の代わりに

私は「学資保険」は使っていません。「学資保険」は、強制的に貯めたい人にはいいかもしれませんが、お金自体はほとんど増えない仕組みです。

私はジュニアNISAを「学資保険」の代わりに使おうと思います。

ジュニアNISA口座は、子どもが18歳になるまで基本的に出金できない仕組みになっていますので、しばらく使わないお金でジュニアNISAを利用することにしています。

2人の子どもを平等にしてあげたかったので、これでとりあえず扱いは平等になりました。ジュニアNISAのお金の使い方は、引き出しができる頃に慎重に考えようと思っています。

楽天証券と楽天銀行の組み合わせなら、親子間の資金移動はかんたんです。

ジュニアNISAもうまく利用していきたいですね。

以上、長女のジュニアNISA口座を開設…という話題でした。

 

参考リンク:

ジュニアNISAは非課税メリットもありますが、デメリットもあります。手間もありますので、まずは親自身が「つみたてNISA」や「iDeCo」を最大限活用したほうがいいと思います。

 

「ジュニアNISA」でも同じように、世界全体に投資をする方針です。

 

「ジュニアNISA」口座の入金には、子どもの銀行口座が必要です。少し面倒なジュニアNISAです。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

最新コメント

アーカイブ