低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

基本を確認!お金の運用リスクを管理する方法。

time 2016/08/29

基本を確認!お金の運用リスクを管理する方法。

日経新聞の記事で、大和証券グループ本社が金融学習サイト「おカネのミカタ」を立ち上げたことを知りました。

中高生向けの投資教育の試みです。

お金の仕組みから投資の方法まで、わかりやすく伝える内容になっています。

このサイトの一例として、「運用リスクを減らすには?」という項目を紹介したいと思います。

 

sponsored link

卵は1つのかごに盛るな

卵は1つのかごに盛るな

このサイトでは、運用リスクを減らす方法を「卵は1つのかごに盛るな」という格言で教えてくれます。

買ったすべての卵を1つの袋に入れて運べば、ほとんどの卵が一気に割れてしまうことになります。

それが、袋をいくつかに分けて卵を運べば、たとえ1つ落としても他の袋の卵は無事です。

お金の運用の場面でも、「卵は1つのかごに盛るな」が運用のリスクを減らす基本的な考え方です。

運用のリスクを管理する方法

具体的には、つぎの2つが大事だといいます。

運用する対象の金融商品を分散

1つは、運用する対象の金融商品を分散することです。

リスクとリターンの関係が違う預金、債券、株式などの金融商品を組み合わせて運用することでリスクを下げることができます。

これは、分散投資のことですね。インデックスファンドを複数組み合わせれば、世界に広範に分散投資をすることができます。

お金を投じる時間を分散

もうひとつは、お金を投じる時間を分散することです。

時間を分散して購入すると、値動きによっては多くの株式を買えるというメリットがあります。

これがドルコスト平均法です。毎月一定額を積立することはリスク分散につながります。

 分散投資が基本

お金の運用をするなら、多くの人がリスクを下げてリターンを得たいと思うところです。

このサイトで紹介しているように、お金の運用リスクを下げるには、金融商品と時間を分散することです。

これをかんたんに実践するには、インデックスファンドを利用して毎月積立をすればいいわけです。

これが基本となる運用リスクを管理する方法です。誰でも知っている常識になるといいですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ