低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

WordPressをhttpからhttpsにSSL化!「Really Simple SSL」利用がおすすめ!【エックスサーバー環境】

time 2017/08/20

WordPressをhttpからhttpsにSSL化!「Really Simple SSL」利用がおすすめ!【エックスサーバー環境】

エックスサーバー環境でWordPressをhttpからhttpsにSSL化しました。

httpsのサイト表示が崩れたりして難航しましたが、プラグインを利用することでなんとかSSL化することができました。

サイトの表示が崩れた場合などの経験がどなたかのお役に立てばと思い、経験をまとめておきたいと思います。

sponsored link

なぜSSL化が必要なのか

SSL化というのは、httpからhttpsにすることにより、サイトを暗号化してセキュリティを高める対策のことです。

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)とは、インターネット上で通信を暗号化し、第三者による通信内容の盗み見や改ざんを防ぐ技術です。SSL/TLSを利用すると、ウェブサイトから入力する個人情報やクレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

証券会社のサイトをはじめ、大手のショッピングサイトなどはほとんどSSL化されています。

SSL化がされていれば、サイトを訪れてくれた方は安心してアクセスすることができます。safariであれば、URLの横に鍵マークがついていればSSL化されているということになります。

個人ブログもSSL化に対応したほうがいいのかもしれないと思いつつ、面倒だと思って進めていませんでした。しかし最近になって、Googleからこんなメールがありました。

要するに、このメールによるとSSL化していない場合には、2017年10月から、フォームにテキスト入力をするとGoogle Chromeの表示に「保護されていません」と表示されるというのです。

これはブログを訪れた人からすると不安ですよね。ブログを読もうと思ったら「保護されていません」と表示されればビックリです。早くそのサイトから離れたくなります。

GoogleはSSL化の推奨を強化する方針のようです。これは見る限り、SSL化をしないのは今後の不利益になる可能性があります。

SSL化すれば検索順位にもわずかにプラスの影響を与えるという話ですので、やってみる価値はあります。

そこで、休日を利用してSSL化を実施しました。

エックスサーバー×WordPressのSSL化の手順

私のWordPressの環境はこのとおりです。

エックスサーバーであれば、SSL 化は無料です。

SSL化の手順については、すでにいくつものブログで紹介されています。私もその手順に従って従順に行いました。

参考になったのはこの記事です。

 

この記事では11のプロセスでわかりやすく紹介されています。

  1. バックアップ
  2. エックスサーバーでSSL設定
  3. ブログがhttpsに切り替わるまで待つ
  4. WordPress管理画面でURLを変更
  5. 内部リンクを置換
  6. リダイレクト設定
  7. セキュリティー状態のチェック
  8. Google Analytics, Search Consoleの設定を変更
  9. ASPの登録URLを変更
  10. SNSシェア数の引き継ぎ
  11. 全ページチェック

多くの方はこの記事の通りでうまくいくようです。

ブログの表示が崩れる

先ほど紹介したて手順で順番にやっていきました。

ですが、私は5番目の「内部リンクの置換」をプラグインの「Search Regex」で実行したところ、httpsのブログ表示が崩れました。プラグインの「Search Regex」ではうまくいかないようです。

6番目のリダイレクト設定を試したところ、ブログ全体の表示が崩れたままになりました。

かなりの冷や汗です。

リダイレクト設定を元にもどして、Google Chromeのエラー表示を確認しました。

すると、こんな表示です。

…えーと、正直にいってどこから手をつけていいのかわかりません。

バックアップで復元してSSL化をあきらめることも考えましたが、しばらく解決策をGoogleで検索していたら、「Really Simple SSL」というプラグインがあることを知りました。この記事が参考になりました。

 

そこで、これでダメならバックアップで復元しようと決意し、プラグイン「Really Simple SSL」をインストールして実行したところ、表示崩れもなくなりSSL化に成功しました。

ということでなんとかSSL化に成功しました。

かんたんなのはプラグイン「Really Simple SSL」の利用

ということで、今回、私はこんな手順でSSL化できました。

  1. バックアップ
  2. エックスサーバーでSSL設定
  3. ブログがhttpsに切り替わるまで待つ
  4. プラグイン「Really Simple SSL」をインストール、実行
  5. セキュリティー状態のチェック
  6. Google Analytics, Search Consoleの設定を変更
  7. ASPの登録URLを変更
  8. SNSシェア数の引き継ぎ
  9. 全ページチェック

上記2つのリンクの記事を組み合わせるような形でうまくいきました。

私のようにエラー表示を解消する方法について詳しくない方は、プラグイン「Really Simple SSL」を利用する方法が便利かもしれません。

SSL化で表示が変わる

Google Chromeでこのサイトを表示するとこんな表示になりました。

SafariでもURLの横に鍵マークがついていると思います。

これで、SSL化に対応できたことになります。

これで、当サイトのアクセスについては、インターネット上で通信を暗号化し、第三者による通信内容の盗み見や改ざんを防止する仕組みに対応したことになります。

安心してアクセスしていただければ幸いです。

相互リンクをしていただいているみなさまには、お手数になりますが、お手すきのときにhttpsのアドレスに変更していただけますと幸いです。

スマートフォンのホーム画面などに登録していただいている方も、httpsのサイトで再登録していただくと、ごくわずかですがアクセスが速くなるようです。よろしければ削除の上、再登録をお願いいたします。

ということで無事にSSL化に成功してよかったです。ブログの表示崩れで冷や汗をかいた一日でした。

以上、WordPressをhttpからhttpsにSSL化!「Really Simple SSL」利用がおすすめ!【エックスサーバー環境】…という話題でした。

 

参考リンク:

エックスサーバーは使いやすくておすすめです。WordPressでブログを書くならエックスサーバーが便利です。

 

このブログにアップルタッチアイコンを設定しています。iPhoneなどのホーム画面に登録しても、違和感の少ないアイコンが表示されます。よかったら使ってください。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ