低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

英EU離脱の可能性を前に投資家はどう行動すべきか。

time 2016/06/23

英EU離脱の可能性を前に投資家はどう行動すべきか。

山崎元さんがダイヤモンドオンラインに「英EU離脱という特大リスクを前に投資家はどう行動すべきか」というコラムを書かれています。

英国では国民投票が始まりました。

今回のような株価に影響する出来事があるときに、投資家はどのように行動すべきなのでしょうか。コラムのなかにそのヒントが満載の記事になっています。

 

 

sponsored link

EU離脱になった場合の対応

コラムの最後に、英国がEU離脱になった場合の対応についてコメントされています。

もし下落局面になった場合には、新興国株式クラスのETFに投資することを勧めるといいます。個人的には、一番印象的な指摘でした。

筆者は、個人的に、ブレグジットが可決した場合には、新興国株式が売られ過ぎになる事態が起こる事を楽しみにしている。市場にコメントする商売柄、自分のお金で投資する訳ではないが、自分の読者に対して、新興国株式に投資するETFに投資することを勧めるのだ。気分的には、正直なところ、少しワクワクしていると言ってもいい。

現在、新興国株式クラスはかなり下げています。さらに新興国株式クラスが下がるとすれば、必要以上に下がっていると評価できる水準になることも考えられます。

そのときは買いどきということができます。

下落局面がワクワクする気持ち

気分的には、少しワクワクしているというのは、私も同じ心境です。

インデックスファンドを使った長期・分散・低コストの積立投資は、自分の許容範囲のリスクを想定して基本をおさえれば、下落局面も前向きに対応できる投資手法です。

もちろん、想定の範囲より大幅に下げる場合もあると個人的には思っています。その場合でも、そこで売らなければ損は確定しません。

インデックス投資の基本を、もっと多くの人に知ってもらいたいと思います。

冷静な対応を

EU離脱になるか、その結果は明日にならないとわかりませんが、相場が下落したからといって冷静さを失った行動は適切ではありません。

どんな局面でも冷静に対応することが大事です。

長期投資ではいろんなイベントが起こりますが、今回が今年の一大イベントであることは間違いありません。

少しワクワクしながら、明日の午後には判明する投票結果を待ちたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ