低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

明日の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の発表が楽しみです。

time 2017/01/13

明日の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の発表が楽しみです。

明日は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」ですね。

発表が楽しみです。

発表を前に、昨年の結果を確認しつつ、個人的な興味を書いてみたいと思います。

sponsored link

昨年の結果はこんなでした

昨年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の結果はこのようなものでした(カッコ内は2014、2013の成績)。

 

第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(1、—)

第2位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(初登場)

第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(2、1)

第4位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(3、8)

第5位 ひふみ投信(6、5)

第6位 eMAXISバランス(8資産均等型)(5、15)

第7位 結い2101(4、3)

第8位 世界経済インデックスファンド(7、12)

第9位 ひふみプラス(初登場)

第10位 iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF(初登場)

 

昨年の結果を改めて見返してみると、低コスト革命のはじまりを感じさせるものでした。

今年のみどころは?

個人的な注目点は2つです。

1つはやはり、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が3連覇を果たすかどうかでしょう。

信託報酬の再度の引き下げが大きな話題になった一方で、最近では運用面の課題についても話題になりました。

どんな結果とコメントになるのかが楽しみです。

2つめの注目点は新規ファンドの動向です。

たとえば、「たわらノーロード」シリーズは2015年12月スタート、「iFree」シリーズは2016年9月スタートです。

どちらもすっかり名前が馴染んでいますが、今年から本格的にエントリーになるわけです。新しい低コストインデックスファンドシリーズがどれくらいの票を集めるのでしょうか。

今回は外から応援

今回は妻が出産予定のために、残念ながら参加を見送りました。今回は外から応援です。

会場には足を運べませんが発表を楽しみにしています。

運営委員会のみなさん、大変有意義なイベントをありがとうございます。盛会を心より祈念しております。

また、地味に夜の懇親会がどのような展開になるのかも楽しみです。笑

個人凍死家テリーさん、すぱいくさん、大きなイベントになりますが頑張ってくださいね。

以上、明日の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の発表が楽しみです…という話題でした。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ