低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

質問です。英国の国民投票の結果で、株価は上がったほうがいいと思いますか?

time 2016/06/22

質問です。英国の国民投票の結果で、株価は上がったほうがいいと思いますか?

いよいよ明日、英国で国民投票があります。

一時、離脱派が優勢となった世論調査では、再度、残留派が勢いを取り戻しているといいます。両派の勢力は拮抗しており結果がどちらに転ぶかは、予断を許さない情勢であると報道されています。

EU離脱となれば、英ポンド急落によるブラック・フライデーも考えられるという指摘もあります。

sponsored link

さてここで質問です

さて、ここでかんたんな質問です。積立投資をする人には大事な質問です。

あなたはこの先10年にわたってインデックスファンドを定期的に積立投資していくとします。あなたは今回の英国の国民投票で、株価は上がったほうがいいですか?それとも下がったほうがいいですか?

どうでしょうか。どちらがいいと思うでしょうか。

答えはウォーレン・バフェットが教えてくれる

この質問、じつは、ウォーレン・バフェットの質問を今回の出来事に応用したものです。

詳細は過去の記事を参照してもらうことにして、ポイント部分のみを引用します。

多くの投資家がこの答えを間違えます。今後何年も株式を買い続けるにもかかわらず、株価が上がれば喜び、株価が下がれば悲しむのです。…こうした態度はバカげています。株価が上がるのを見て喜ぶのは目先に株を売る人だけです。これから株を買おうとしている人は、株価が下がるほうがありがたいはずなのです。

大事な点を指摘してくれています。

株価が上がるのを見て喜ぶのは目先に株を売る人だけです。長期投資をする人は、株価が下がるほうがありがたいと思ったほうがいいはずなのです。

株価が上がれば喜び、株価が下がれば悲しむという行動は、リターンを上げるうえでは間違っているということを明確に指摘してくれています。

また、投資をする際には、株価が下がったときにも買い続けることが重要だということもわかりやすく伝えてくれています。

国民投票の結果はいかに

日本時間の24日午後には英国の国民投票の結果が判明します。

英国がEUを離脱しないほうが英国としてもプラスだと思いますが、報道をみていると、やはりEU諸国に支配されることの違和感と移民政策に対する違和感がイギリス人の根底にはあるようです。

はたして結果はどうなるでしょうか。

基本的には、特に何も動かず普段通りにしようと思っています。

EU離脱となって、万が一、ブラックフライデーなんていうストーリーであれば、喜んで追加投資をしようと思います。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ