低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)登場!1本で全世界株式に投資!

time 更新日:  time 公開日:2018/10/15
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)登場!1本で全世界株式に投資!

三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を設定することを発表しました。

これ1本で日本を含む全世界株式に時価総額比率で投資できる便利なインデックスファンドです。

プレスリリースもでています。

注目なのは、このファンドが日本を含む全世界株式インデックスファンドで日本製の「純国産」だということです。

待望の低コストの全世界株式インデックスファンドの登場です。

sponsored link

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、日本と先進国と新興国の株式に1本で投資してくれるインデックスファンドです。

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)」という指数に連動する投資成果を目指します。

下記のマザーファンドに投資を行うファミリーファンド方式です。

  • 先進国株式—MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース)
  • 新興国株式—MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)
  • 日本株式—MSCIジャパン・インデックス(配当込)

先進国株式と新興国株式はメジャーな指数ですが、日本株式はMSCIジャパン・インデックスです。

MSCIの指数で統一されていますので、きちんと全世界の株式に時価総額比率で投資できることになります。

信託報酬は税込0.15336%(税抜0.142%)です。

設定は2018年10月31日で、SBI証券と楽天証券で購入できます。

十分に低コストですね。

個別のインデックスファンドを組み合わせるマニアックな層は自分で全世界株式を作ればいいと思いますが、投資が趣味ではない普通の人もたくさんいます。

これを1本を選べばリバランス不要で、全世界に投資してくれるのは大きな利便性です。

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」の構成国

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」という指数については、下記のリンク先の情報が詳しいです。

対象は日本を含む先進国23か国、新興国24か国という47ヶ国の株式に投資するもので、各市場の時価総額比率で加重平均した指数になります。世界の株式の85%をカバーしていて、これ1本で日本を含めた全世界の株式に投資してくれるわけです。

国別の構成比率は下記のグラフのとおりです。

国別の構成比率はアメリカが55.12%、日本が7.57%となっています。アメリカが半分以上を占めています。

ざっくりとした構成比率としては、日本10%、先進国80%、新興国10%程度ということになります。今後も各国の時価総額に連動して推移していくことになります。

下記のグラフが「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」のこれまでのパフォーマンスです。

MSCI ACWIというのが「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」です。MSCI Worldとほぼ同じ推移ですね。上のほうの振れ幅が大きいのが新興国株式に連動するMSCIエマージング・マーケットになります。

2003年から比較的綺麗な右肩上がりになっていることが読み取れます。

過去は未来を保証しませんが、リバランス不要でこれ1本で全世界の株式に投資できることになります。

バランス型投信では債券などが含まれることもありますが、全世界株式100%で1本に投資したいという方には有力な選択肢になります。

純国産の全世界型インデックスファンド

これまでも低コストの日本を含む全世界型のインデックスファンドとしては、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」や「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」が登場していました。

低コストの全世界型インデックスファンドにも投資できる環境が整いつつありましたが、これらは海外ETFを購入するという形式の「ファンドオブファンズ」でした。

これまでは海外ETFの力を借りることで、低コストの全世界株式のインデックスファンドを実現していたわけです。

今回登場する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、おそらく「純国産」で運用される「日本を含む全世界型インデックスファンド」ということになります。

純国産の全世界型インデックスファンドで、リバランス不要、しかも信託報酬が税込0.15336%という十分な低コストです。

私は「これ1本で低コストで全世界に投資できるインデックスファンド」が、インデックスファンドの世界を制覇する「1番ピン」だと思っていました。

もしかしたら、このファンドが純国産でこれ1本で誰でも低コストで全世界株式に投資できるという「リーサル・ウェポン」の登場なのかもしれません。

これ1本で全世界の株式に低コストで投資ができる注目の新商品だと思います。

ファンドオブザイヤーの投票期間直前に設定するとは、なかなかの戦略ですね(笑)。

いいと思います!

以上、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)登場!1本で全世界株式に投資!…という話題でした。

 

参考リンク:

これ1本でOKというファンドが「リーサルウェポン」になると思っていたところです。楽しみなファンドが登場しました。

 

私自身は国際分散投資をしたいと思っています。1本で全世界に投資してくれるなら、それも楽でいいなと思います。

 

新興国株式に期待して少し新興国株式の割合を多めのスタンスです。どこが伸びるのかはわからないので、未来のお楽しみです。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

最新コメント

アーカイブ