低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

無リスク資産が自分を守る。

time 更新日:  time 公開日:2018/03/28
無リスク資産が自分を守る。

投資を続けていると、もっと投資にお金を回したくなる気持ちになる瞬間があります。

株価の変動に動揺しないためには、無リスク資産を保有することが大事です。

私も無リスク資産の割合を、時折確認しています。

sponsored link

無リスク資産を保持しておく

毎月の積立投資とともに、普通預金の積立預金も続けています。

何年も普通預金の積立も続けていますので、それなりの金額になっています。今日確認してみましたが、予定の割合で無リスク資産がありました。

自分の資産のうち、約半分が無リスク資産です。

考えてみれば、妻も普通預金を保持していますので、一家の家計としてはそれなりの無リスク資産があります。

もう少し投資に投入してもいいのかもしれませんが、大きな株価の変動はいつでも想定しておきたいところです。

インデックスファンドをバイ・アンド・ホールドしながら、今は無リスク資産は予定の割合で保持しておこうと思います。

下落相場に対応する

アメリカのトランプ政権は、アメリカ国内に製造業を回帰させて雇用を生もうとしています。アマゾンに対して課税も強化する方針もあるという報道もなされています。

アメリカのこうした政策はうまくいくでしょうか。こうした動きに個人的には大いに興味があります。

どちらに転んでもいいように、先進国株式クラスに毎月積立投資をしながら、無リスク資産も保持して下落相場の対応も想定しておきたいと思います。

無リスク資産があれば、下落相場でも余裕が生まれます。

きちんと無リスク資産を保持しておきたいですね。

以上、無リスク資産が自分を守る…という話題でした。

 

参考リンク:

リスク資産と無リスク資産の比率でリスクを管理することが大事です。無リスク資産が自分を守ってくれます。

 

金融危機をシミュレーションしておきたいですね。想定しておけば不安は小さくなります。

 

不安定な相場ですが、続けるには「積立」を活用することです。そうすれば下落相場でも自然と安く買えますので、普通の人でも資産を増やすことができます。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ