低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

投資続ければ利益は出る。

日経新聞に「つみたてNISA」に関連した特集記事が掲載されていました。

なかでも、セゾン投信の中野晴啓さんの一言がよかったので、ブログに残しておきたいと思います。

 

sponsored link

投資続ければ利益は出る

セゾン投信の中野社長は、積立投資の利点を聞かれて、次のように答えています。

どのような資産でも、右肩上がりで増え続けることはない。2008年のリーマン・ショックのような危機もある。それでも積み立て投資なら利益は出る。当社の主力投資信託の基準価格が07年3月から17年8月まで年3・2%増だったのに対し、積み立て投資のインベスターリターン(保有者の運用成果)は年6・1%増だった。

大事なことを短いメッセージのなかに込めてくれています。

強調しておきたいと思います。はじめての人には参考になるコメントです。

  • 右肩上がりで増え続けることはない
  • それでも、積立投資なら利益は出る

記事の見出しにあるとおり「投資続ければ利益は出る」のです。

確信を持ってコメントしてくれる方は心強いです。

セゾン投信の10年間のリターンは年6.1%増だったといいます。リーマンショックの期間を含んでいますが、下落相場でも続けていればリターンがでた10年でした。

はじめての人に参考にしてほしい記事の内容になっています。

大事なのは続けること

この記事のポイントは「続ければ利益が出る」ということです。

大事なのは続けることです。

続けるのが一番難しいのが、積立投資なのかもしれません。

これからくるであろう下落相場に向けて、いかにしたら続けられるかを考えておくことが、一番大事かもしれませんね。

以上、投資続ければ利益は出る…という話題でした。

 

参考リンク:

途中で下りられないという意味では、インデックス投資はジェットコースターに似ていると思います。急落することを想定しておけば、ジェットコースターと同じで恐怖心は小さくなります。

 

なぜ個人投資家は残念な売り方をしてしまうのか。バートン・マルキール教授がその理由を教えてくれます。多くの人が理解できていない点かもしれません。

 

下落相場を前に個人投資家が考えることはひとつです。積立投資は、下落相場を受け止めて利益を出す投資法です。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ