低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

楽天証券ならスマホで日経新聞が無料で読める!楽天証券口座開設のメリット。

time 更新日:  time 公開日:2016/03/06
楽天証券ならスマホで日経新聞が無料で読める!楽天証券口座開設のメリット。

楽天証券に口座開設をすると、日経新聞が無料で読めます。

あまり知られていないサービスですが、私は楽天証券で口座開設をして以来、無料で日経新聞を読んでいます。

投資をはじめる際にどこの証券会社がいいのか迷う人もいると思いますが、投資をはじめるなら手数料が安くて、日経新聞も無料で読める楽天証券が有利です。

ということで、せっかくなので楽天証券で無料で日経新聞を読む方法をまとめてみました。

sponsored link

日経新聞が無料で読める楽天証券

 無料で利用できる

楽天証券の口座開設をすることで、「日経テレコン(楽天証券版)」を無料で利用することができます。

「日経テレコン」は、日本経済新聞デジタルメディア社が提供する日本最大級のビジネスデータベースサービスです。

「日経テレコン」は、マーケットスピード(Windows版、Mac版)で閲覧できます。パソコン上での閲覧になります。

さらに、楽天証券の日経テレコンはスマートフォンにも対応しています。iPhoneなどからアプリiSPEEDを使って、日経新聞を閲覧することができます。

閲覧できる記事

読めるのは次のものです。その日の朝刊や夕刊の紙面を無料で読むことができます。

  • 日経速報ニュースの閲覧
  • 日経新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索

記事検索、記事のPDF印刷ができる

日経新聞などの紙面を読むことができることはもちろん、1年分の記事検索も便利です。

また、記事を紙面そのままのイメージでPDFで保存、印刷することができます。

 日経新聞無料の利用条件

マーケットスピードは無料で利用できます。

マーケットスピードもしくはウェブからログインして利用申請手続きをしてください。

申請当日からマーケットスピードをご利用することができます。

楽天証券のホームページからの申し込みの方法は、次の通りです。

画面上部の「設定・変更」にカーソルを合わせる

        ↓

表示されたメニューから「取引ツール・有料情報申込」をクリック

        ↓

「取引ツール・有料情報申込状況」一覧から「マーケットスピード」の「申込」をクリック

これで利用開始になります。

詳しいことは下記のリンク先で確認してください。

 

口座開設から日経新聞を読むまで

楽天証券

一番かんたんなのが、下記の方法です。

      1. 楽天証券で口座開設する
      2. マーケットスピードの利用申請手続きをする
      3. マーケットスピードをパソコンにインストールする
      4. マーケットスピードの「ニュース」項目の「日経テレコン」から日経新聞を読む

 

パソコンで日経新聞を読む

では、まずはパソコンで日経新聞を読む場合について見てみましょう。

パソコン画面

パソコン上では、こういった画面で日本経済新聞を読むことができます。

見出しでざっと読むには十分です。

楽天証券画面

毎日最新の朝刊夕刊の記事が配信されます。

PDFの記事

紙面と同じ記事で読みたければ、PDFで紙面と同じ体裁で読むことができます。

PDF画面

1年分の新聞記事も検索できます。

興味があることがあれば、キーワード検索で1年前までの該当記事を読むことができます。

たとえば、「投資信託」や「積立投資」といった用語を検索すれば、積立投資関連の記事が一目瞭然になります。

楽天証券ならスマホでも日経新聞が無料で読める

楽天証券のこのサービスが便利なところは、スマホでも日経新聞が無料で読めるところです。

iSPEEDというアプリを使います。

今日の新聞が読むには、次のプロセスで読むことができます。

iSPEEDにログイン後、次のように選択していくと新聞を読むことができます。

iSPEEDにログイン→ニュース→日経テレコン→同意→きょうの新聞

iSPEEDアプリを開くとこんな画面になります。

ログインするとニュース画面の左下に日経テレコンのボタンが出現します。

ispeed1

そこをクリックして、今日の日経新聞のところまでいくと、記事一覧になります。

ispeed2

進むとブラウザから日経新聞の記事を読むことができます。

記事はこんな感じです。クリックすると記事が読めます。

ispeed3

スマホに完全対応していて非常に読みやすいです。綺麗な表示に感動しました。

記事を読んだあとに記事一覧に戻るのもスワイプでかんたんにできます。新聞記事のPDF表示もできます。至れり尽くせりの仕様になっています。

日経新聞が無料で読めるのは楽天証券の優良サービス

あまり知られていないサービスですが、楽天証券の口座を持っていると無料で日経新聞が読めます。

読める記事は一部だけではありません。今日の朝刊や夕刊のすべての記事が無料で読めます。楽天証券の優良サービスだと思います。

日経新聞を自宅に配達してもらえば、もちろん有料です。

それが楽天証券の口座開設で日経新聞が無料で読めます。スマートフォンにも対応していますので、気軽に情報収集ができます。

日経新聞が無料で読めるだけでも、楽天証券に口座開設をする価値があると思います。

口座開設は無料です。詳しいことは公式サイトで確認してみてください。

きちんとメリットのある証券会社を選んでいきたいですね。

以上、楽天証券で日経新聞が無料で全部読める!楽天証券口座開設のメリット。…という話題でした。

 

楽天証券の公式サイトを見てみる

 

参考リンク:

「つみたてNISA」を利用するなら証券会社選びも重要です。証券会社選びのポイントをまとめています。

 

楽天証券なら100円から購入できます。スマホでもでスムーズに買えます。

 

楽天証券の使い方にはいくつかコツがあります。投資信託保有で楽天スーパーポイントもつきます。お得な使い方はこちらでまとめています。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

投資の日常

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ