低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

なぜ多くの個人投資家は残念な売り方をしてしまうのか

time 2016/04/02

なぜ多くの個人投資家は残念な売り方をしてしまうのか

多くの個人投資家は、長期投資から得られるリターンを期待して投資信託で資産形成をはじめると思います。

ところが、せっかく長期で保有するつもりだった投資信託を、多くの人が損をしてしまう残念な売り方をしてしまいます。なぜそうなってしまうのか、その原因を「ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理」の著者であるバートン・マルキール教授が明快に分析してくれています。

sponsored link

投資家の誤りとは

バートン・マルキール教授は、多くの個人投資家は株式投資のタイミングを誤っているといいます。株価が上がっている楽観的なときに投資をして、株価が下がっている悲観的なときに投資をしないのは間違いだというのです。

バンガードのインタビューにおいて、ある女性に投資のアドバイスをしたエピソードを披露しています。

彼女はまだ50代前半で、35年以上の平均余命がありますので、ポートフォリオに株式の割合が多くても大丈夫でした。しかし彼女は非常に神経質だったため、私が適切だと思う以上に債券をかなり多めに、逆に株式の割合をかなり少なめにしました2002年10月のある日、なんと彼女は泣きながら私のところにやって来て、「持っていた株が下落したのですべて売りたい」と言ったのです。

実はこれこそ人々が犯してしまう誤りのひとつだといいます。

なぜ多くの投資家は株式の長期投資から得られるリターンを得ることができないのでしょうか?それは、彼らが間違ったタイミングで間違ったファンドを買ってしまうからです。皆が楽観的な時にだけ資金をつぎ込み、周囲が悲観的になったときに資金を引き上げようとするからです。

感情で動くと損をする

株価と投資額
(引用)Burton Malkiel, Investors’ Most Serious Mistake

アメリカの統計でもその傾向は明らかです。赤いラインはアメリカのインデックス指数のS&P500(the Standard and Poor’s 500 index)の推移です。青い部分は資金流入の流れになります。

これをみると、株価が上がっている楽観的なときに資金をつぎ込み、株価が下がっている悲観的なときに資金を引き上げるという傾向がはっきりとわかります。

これは日本の投資家も同じかもしれません。日本の投資家も楽観的な時にだけ資金をつぎ込み、周囲が悲観的になったときに資金を引き上げようしてしまう傾向があるように思います。

投資の敵は自分自身の感情

投資信託で資産運用をする個人投資家は、下落相場で不安になって投資信託を売ってしまうのは賢明ではありません。下落相場で積立投資をやめてしまったり、金額を少なくすることもリターンにつながりません。

投資家の敵は自分自身の感情です。感情のおもむくままに投資をしていたら、損をしてしまうのは行動経済学で明らかになっています。


積立投資がうまくいくためのポイントは、資本主義経済は長い目でみれば発展していくと信じて、下落相場でも積立投資を冷静に続けていくことです。

これは、頭では理解していても、これを実践するのはじつはかんたんなことではありません。投資家の敵は自分自身の感情であることを理解することが、積立投資でうまくいくための重要な出発点だと思います。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ