低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、積立で資産形成を目指します。

イオン銀行iDeCoは運営管理手数料が0円!おすすめ商品は?

time 2017/06/29

イオン銀行iDeCoは運営管理手数料が0円!おすすめ商品は?

イオン銀行が2017年7月3日からiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金、個人型401K)に参入しました。

運営管理手数料が0円です。iDeCoをはじめる人にとって魅力ある選択肢になっています。

おすすめ商品を含めて、その中身を確認してみたいと思います。

sponsored link

条件なしで運営管理手数料が0円

イオン銀行のiDeCoの内容はすでにホームページで発表されています。

イオン銀行は条件なしで金融機関の口座管理手数料が0円です。

条件なしで金融機関の口座管理手数料が無料になるのは、現状では楽天証券とSBI証券に続く3社目になります。

こうなってくると、金融機関の口座管理手数料を無料にすることが、iDeCoの金融機関の顧客獲得競争の前提条件ということになりそうです。

金融機関にとっても、iDeCoを利用してもらうことで、継続的に金融機関として利用してもらえれば収入の基盤ができることになります。

イオン銀行iDeCoの商品ラインナップ

ラインナップも発表されています。

イオン銀行のiDeCoは、みずほ銀行が提供するサービスになっています。

たわらノーロードシリーズの低コストのインデックスファンドを中心に、ひふみ年金なども揃えたシンプルながら魅力的なラインアップになっています。

各ファンドの詳細はリンク先で確認できます。

商品が絞り込まれていますので、わかりやすさという意味では、魅力的なプレゼンテーションになっています。

おすすめ商品は「たわらノーロード先進国株式」

投資信託を使った積立投資がはじめてという方もいるかもしれません。そこで、イオン銀行iDeCoの商品について少し解説してみたいと思います。

イオン銀行のiDeCoの魅力は、アセットマネジメントOneの「たわらノーロード」シリーズを揃えているところでしょう。「たわらノーロード」シリーズは低コストのインデックスファンドシリーズです。

「たわらノーロード」シリーズの各資産クラスを組み合わせれば、低い信託報酬で資産形成ができます。

そのなかでも個人的におすすめだと思う商品は、「たわらノーロード先進国株式」です。

MSCIコクサイ・インデックスに連動するインデックスファンドです。これ1本を選ぶだけで日本を除く先進国22カ国に広範に分散投資してくれます。

国別の構成比では61.40%がアメリカです。業種別ではソフトウェアをはじめ、さまざまな業種が入っています。1315銘柄が組み込まれています。

「たわらノーロード先進国株式」の上位銘柄はこちらです。

アップルはもちろん、マイクロソフト、エクソンモービル、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アマゾン、そしてフェイスブックにも分散投資されます。

「たわらノーロード先進国株式」を購入すれば、アメリカ経済の成長を取り込むことができます。

世界の株式に投資するには大きなお金が必要だと思っている人もいるかもしれませんが、「たわらノーロード先進国株式」の信託報酬は0.243%(税込)と最低コストクラスです。

私なら、「たわらノーロード先進国株式」を中心に、日本株式クラスと新興国株式クラスのインデックスファンドも組み合わせて国際分散投資をしていくところです。

その他の商品の特徴については、別記事でまとめています。よければこちらも参考にしてください。

イオン銀行の店舗で手続きができる

イオン銀行のiDeCoの特徴は、店舗でも手続きを受け付けているところです。

イオン銀行は、全国のショッピングセンターなどに店舗があります。投資信託・保険の取り扱いがある店舗であれば、iDeCoの申し込みも受け付けていますので、買い物のついでにiDeCoについて説明を聞くこともできます。

iDeCoは申込書類が少し複雑ですし、勤め先から申込用紙に必要事項を記入してもらう必要があります。申し込みの段階で相談できるのは安心につながります。

イオン銀行は365日営業です。iDeCoについても利用しやすい金融機関になっています。

業界の大きな目玉に

イオン銀行は、イオンカードセレクトを持っていれば普通預金金利が0.10%になりますし、イオンの店舗での申し込みも可能です。

イオン銀行のiDeCoは、ホームページからみずほ銀行の商品運用サポートツールSMART FOLIO<DC>を利用することもできます。サポートツールで診断して、資産配分の参考に試してみるといいと思います。

イオン銀行のiDeCoは、ネットから10分程度で資料請求ができるように工夫されています。もちろん、資料請求は無料です。

イオン銀行のiDeCoの詳細についてはリンク先で確認してみて下さい。

利用者にとっては良い時代になりました。積極的に活用していきたいですね。

以上、イオン銀行iDeCoは運営管理手数料0円!おすすめ商品は?…という話題でした。

 

参考リンク:

先進国株式クラスを中心にするのがスタンダードな運用なのか、本でその基本を学ぶといいと思います。iDeCoは投資信託を使った資産運用です。いい本が数多く出版されています。

 

iDeCoの金融機関は150社以上あります。イオン銀行もひとつの候補ですが、他社と比較したい方は参考にしてください。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ