低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

イオン銀行、7月からiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入。業界の大きな目玉に。

time 2017/06/29

イオン銀行、7月からiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入。業界の大きな目玉に。

イオン銀行が2017年7月3日からiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金、個人型401K)に参入することが明らかになりました。

かなり意欲的な内容になっていて、iDeCoをはじめる人にとって有力な選択肢です。

その中身を確認してみたいと思います。

sponsored link

条件なしで口座管理手数料が無料

イオン銀行のiDeCoの内容はすでにホームページで発表されています。

イオン銀行は条件なしで金融機関の口座管理手数料が無料です。

条件なしで金融機関の口座管理手数料が無料になるのは、現状では楽天証券とSBI証券に続く3社目になります。

イオン銀行iDeCoの商品ラインナップ

ラインナップも発表されています。

イオン銀行のiDeCoは、みずほ銀行が提供するサービスになっています。

たわらノーロードシリーズの低コストのインデックスファンドを中心に、ひふみ年金なども揃えたシンプルながら魅力的なラインアップになっています。詳細はリンク先で確認できます。

そして、みずほ銀行の商品運用サポートツールSMART FOLIO<DC>を利用して、自分にあった商品を診断することもできます。

わかりやすさという意味では、魅力的なプレゼンテーションになっています。

具体的な商品の特徴については別にまとめましたので、こちらを参考にしてください。

 

業界の大きな目玉に

イオン銀行は、イオンカードセレクトを持っていれば普通預金金利が0.12%になりますし、身近なイオンの店舗での利用も可能です。

イオン銀行が本気で広報をすれば、iDeCoの普及にとってプラスに働きそうです。業界の大きな目玉になるでしょう。

こうなってくると、金融機関の口座管理手数料を無料にすることが、iDeCoの金融機関の顧客獲得競争の前提条件ということになりそうです。

金融機関にとっても、iDeCoを利用してもらうことで、継続的に金融機関として利用してもらえれば収入の基盤ができることになります。

利用者にとっては良い時代になりました。積極的に活用していきたいですね。

以上、イオン銀行、7月からiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入。業界の大きな目玉に…という話題でした。

 

参考リンク:

iDeCoの金融機関は150社以上あります。150社以上ある金融機関のなかでどこがいいのかを知りたい方は参考にしてください。

 

iDeCoは投資信託を使った資産運用です。いい本が出版されていますので、本で基本を学んでおくといいと思います。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

投資の日常

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ