低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)、運営管理手数料を無条件で無料へ!

time 2017/05/18

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)、運営管理手数料を無条件で無料へ!

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)について今朝の日経新聞で報道がありました。

金融機関の運営管理手数料をすべて無条件で無料にします。

 

sponsored link

管理手数料すべて無料に

SBI証券のiDeCoは、口座開設時に加入手数料が1080円、口座管理手数料は残高が50万円未満の場合に月額324円がかかりました。

運営管理機関をSBI証券に変更する際にも1080円が必要でした。

それが5月19日から金融機関の運営管理手数料は、すべて無料になります。

SBI証券は6月から、個人型確定拠出年金(DC)「iDeCo(イデコ)」の運営管理手数料をゼロにする。期間や残高などに応じて無料とするケースはあったが、条件をつけずに無料にするのは業界で初。イデコの活用が見込まれる若年層を中心に、新規顧客の獲得につなげる狙いだ。

※国民年金基金連合会および事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する管理手数料として、月額167円(税込)が別途かかります。

これからiDeCoをはじめようという人には、メリットの大きいニュースです。

首位SBI証券が力を見せる

この記事によると、SBI証券は2017年1~3月の顧客獲得数は約3万1500人と業界首位だそうです。

手数料無料化で、さらに躍進を狙う構図ですね。素晴らしい判断だと思います。

SBI証券、グッジョブです!

以上、SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)、管理手数料を無条件で無料へ!…という話題でした。

 

参考リンク:

SBI証券のiDeCoは、投資信託のラインアップも充実しています。最有力の金融機関のひとつです。

 

iDeCoを扱う金融機関は150社以上あります。全体のなかでどの金融機関がいいのか知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

iDeCoの資産配分の方法などについては、いい本がたくさんでています。自分のお金です。本で基本的知識を身につけたいですね。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ