低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

毎月の運用成績は記録せず、気にしない。

time 2017/04/17

毎月の運用成績は記録せず、気にしない。

少しずつ相場が下げるような動きになっています。

積立投資を続ける私なりのコツがあります。

それは「毎月の運用成績は記録せず、気にしない」ということです。

sponsored link

成績は記録しない

ブログでも短期的な成績については話題にしていません。

話題にしたり記録したりすると、気になるからです。

相場がいいときは自分の成績についてコメントをつけていい気分になれるかもしれません。ですが、相場が悪いときにコメントするのはツラくなります。

1ヶ月単位の成績報告などをブログでされている方もいますが、私には続ける自信がありません。下落相場ではツラいからです。

「今後の相場の展開に期待したい」といった感想をブログで綴るのは、1度くらいならいいですが、長期の下落相場では大きな負担になります。

メンタルが強い方はいいと思いますが、成績は記録しないのが積立投資を続けるコツのひとつです。

運用成績も気にしない

そもそも長期投資において短期の成績の変化は、ほとんど意味がないと思っています。

相場の動向が重要になるのは、もうすぐ投資信託を売ろうと思っている人だけです。

売らない人にとってはほぼ関係がありません。たまに確認するだけでも十分です。

私は最近、ほとんど成績をみなくなっています。

たまに楽天証券の口座にログインしたときにも、「あ、少し下がっているな」と思うだけです。もう慣れてしまったというのもありますが、あまり考えないようにしています。

続けるコツは夢中にならないこと

続けるコツは「投資に夢中にならないこと」です。

一喜一憂した瞬間にダメになります。今年もこれから相場は確実に動きます。「毎月の運用成績は記録せず、気にしない」というズボラなスタンスで続けたいと思います。

ブログをされている方は「書くことがなくなる」というデメリットはありますが、それは「ほったらかし」のインデックス投資ブロガーの宿命です。笑

基本的に書く話題が少ないのです。ブログをはじめたい方は、それをふまえてブログをはじめるといいと思います。

以上、毎月の運用成績は記録せず、気にしない…という話題でした。

 

参考リンク:

資産運用で大切なことは、市場の熱狂や狼狽に巻き込まれないようにすることです。投資をはじめたばかりのみなさん、心の準備はできているでしょうか。

 

投資の最大の敵は、「自分自身の感情」です。これが理解できることが、下落相場を乗り越える一歩です。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ