低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

平穏なときには追加投資の資金を準備しておく。

time 2017/01/08

平穏なときには追加投資の資金を準備しておく。

—相場が好調なときはつまらない—

そういっては語弊があるかもしれませんが、最近は投資のことを考える時間が少なくなっています。

こんなときに考えておきたいのは、下落相場のときのための追加投資の資金のことです。

sponsored link

投資にまわさないお金を準備する

私は、現時点で毎月の積立金額はフルインベストメントではありません。

もっと投資にまわすこともできるのですが、投資余力を残して毎月の積立を行っています。その部分は投資にまわさないお金として、別にプールしています。

もちろん、ドルコスト平均法による毎月の積立が基本です。

自動で毎月の積立投資が一番ラクチンだということは、積立投資をはじめてよくわかりました。タイミングを見極めることは難しく、いつが下落相場かははっきりとはわからないことも多いからです。

ですが、相場下落時に追加投資をする余地も残したいと思っています。

下落相場は安く買うチャンス

下落相場になると、不安になって投資信託を売ってしまう人が必ずでてきますが、そんなときにすべきことはむしろ逆です。

そんなときこそ追加投資のタイミングです。

相場が下落したときが、じつは「安く買う」チャンスだからです。

積立投資のテキストには追加投資のことを書いているものは少数ですし、相場下落時も同じ金額をドルコスト平均法で積立をしていくというのがスタンダードなのかもしれません。

ですが「大荒れのときこそ、船の上で嵐に対処するための警戒態勢をとって嵐を乗り越えたい」というのが私の好みに合います。

相場下落時はリバランスの絶好のチャンスです。嵐の夜を積極的な姿勢で乗り越えたいところです。

そんなときには、預貯金の比率を少し変動させて、投資資金のほうへ資金を少しずつ移動していくことを考えています。その場合でも冷静さを失わず、様子をみながら資金移動をしようと思っています。

「相場が下落したとき」はいつか

ただ問題は「相場が下落したとき」とはいつかということです。

株価の値動きは予測が不可能な「ランダム・ウォーク」です。

去年はイギリスのEU離脱のときが最も下げたタイミングでした。ですがそのときには追加投資のタイミングが難しく、結局追加投資をしないままでした。

私の感覚では、「テレビに株式市場の画面を見ながら頭を抱えている人が写っている」タイミングを想定しています。

追加投資については、ルールを決めて対応したほうがいいのかもしれません。

準備がなければ追加投資できない

そのためにも、今のような平穏なときに、投資にまわさないお金を少しずつ準備しています。資金の準備がなければ追加投資ができないからです。

追加投資の資金を捻出するには、支出をコントロールしつつ、本業を頑張って稼ぐということが大事です。

身も蓋もない当たり前の結論に行き着くわけですが(笑)、せっかくの年始めです。仕事も楽しく頑張りたいと思います。

以上、平穏なときには追加投資の資金を準備しておく…という話題でした。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ