低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

2016年の印象深い出来事を振り返る。

time 2016/12/29

2016年の印象深い出来事を振り返る。

年の瀬ということで、2016年の印象深い出来事を振り返ってみたいと思います。

私にとって印象深い出来事は、6月の英国のEU離脱決定と11月の米大統領選でのトランプ氏勝利でした。

いずれも相場が動いた出来事でした。

sponsored link

英国のEU離脱決定

6月には英国の国民投票がありました。

EU離脱となれば、英ポンド急落によるブラック・フライデーも考えられるという指摘もあり、その直前は緊張感が高まりました。

ブログの記事を見返すと、そんな雰囲気がにじみでています。

 

相場が不安定になるときは、投資の経験を積み重ねる絶好のタイミングです。そんな記事も書いてみました。

 

EU離脱決定後、大荒れの展開を予想する報道が続きましたが、結果はご存知のとおりです。

若干下げたのみで、その後すぐに回復しました。想定したよりも小幅な変動に感じられる出来事でした。

 

米大統領選でのトランプ氏勝利

11月の米大統領選では、事前の予想に反してトランプ氏が勝利しました。

トランプ氏勝利の場合には下落が予想されるということで、緊張感が高まりました。

 

しかし、結果はご存知のとおりです。

下落どころか、トランプ・ラリーとよばれる上昇相場がきて、この年末を迎えています。

 

相場の展開は読めない

ブログを書くようになって、その前後の報道にも注目するようになりました。

その結果気づいたことといえば、個人的な感想ですが「人は相場の展開を読めないんだな」ということです。

マスコミ各社の予想は見事に大外れした出来事でした。そのことに気づけたという意味では、いい経験でした。

もちろん私にも相場は読めません。

2017年は大荒れになるかもしれませんし、ならないかもしれません。

どちらに転んでもいいように、自分のリスク許容度にあったポジションを組んで、積立投資を続けていきたいと思います。

短期の相場がわからなくても、市場に居続ける人だけが「稲妻の光る瞬間」に立ち会うことができます。

以上、2016年の印象深い出来事を振り返る…という話題でした。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ