低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

おまかせ運用!おすすめのロボアドバイザーを比較!2017年1月版

time 2016/12/19

おまかせ運用!おすすめのロボアドバイザーを比較!2017年1月版

投資信託で資産形成をするためには、自分で資産配分を決めて、投資信託を選ぶ必要があります。

こうしたことを自分自身でできるのが理想ですが、ロボアドバイザーのサポートを受けて資産形成をしたいという人もいると思います。

おすすめのロボアドバイザーはどれなのか、選ぶポイントをまとめてみました。

【2017年1月6日に最新情報を反映しました。】

sponsored link

おすすめのロボアドバイザーを選ぶ

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、ウェブサイトにアクセスして、自分の年齢や年収、投資に対する考え方、投資可能な金額など複数の質問に回答すると、その人にとって最適な資産配分を自動的に提案してくれるサービスのことです。

いわゆるフィンテックとよばれるもので、日本では2016年から急速に発展しています。

ロボアドバイザーなら人件費がかからないので、人を介した対面によるアドバイスサービスよりも低コストで資産運用のサポートを実現できます。

ロボアドバイザーにも2種類ある

ロボアドバイザーには大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは、資産配分の提案だけにとどまるものです(投資アドバイス型)。もうひとつは、資産配分の提案だけでなく、運用まで行ってくれるものです(投資一任型)。

現在、ロボアドバイザーとよばれるものは10社以上にのぼります。

多くのロボアドバイザーは無料で使えます。興味のあるものをリンク先から自由に試してみると各社の様子がわかると思います。

ロボアドバイザーを選ぶ基準

今回は、ロボアドバイザーのなかでも、運用まで行ってくれる「投資一任型」のロボアドバイザーの性能を確認したいと思います。

どうやって自分に合う一社を選べばいいでしょうか。金融機関を選ぶ際には、次の3つのポイントを確認するといいでしょう。

  • ロボアドバイザーの基本性能をそなえているか
  • 手数料が税込1%未満になっているか
  • 適切にサポートしてくれるか

この3つの点について具体的にみていきたいと思います。

ロボアドバイザーの基本性能をそなえているか

ロボアドバイザーの基本性能として大事なのはこの3つです。

  • 各資産クラスで低コストの投資信託・ETFを揃えているか
  • 自動で投資信託・ETFを買い付けてくれるか
  • 毎月の自動積立ができるか

各社のロボアドバイザーについて確認してみると、この条件を満たすのは次の4社です。

適切な資産配分をしたうえで、毎月の自動積立をして運用まで行ってくれるのはこの4社のみです。

お金のデザインのTHEOは、現時点では、毎月の自動積立には残念ながら対応していないようです。

基本性能をそなえているロボアドバイザーを選ぶようにしましょう。

手数料が税込1%未満になっているか

コストを抑えることが資産形成の第一歩です。投資にかかるコストをできる限り抑えることが大切です。

運用会社に運用をすべて任せるものとして、「ラップ口座」がありますが、その手数料は年3%程度です。大手証券会社や銀行が提供している「ラップ口座」は、あまりに手数料が高すぎます。

ロボアドバイザーも多様なサービスを提供してくれますが、手数料の水準としては、個人的には税込年1%以内が限度と考えます。

手数料が1%未満のロボアドバイザーを扱っているのは、次の3社です。

資産形成にはコストが最も重要です。低コストで資産形成をサポートしてくれるロボアドバイザーを選びましょう。

適切にサポートをしてくれるか

資産運用は、長期にわたるのが前提です。ロボアドバイザーを選ぶ場合でも、適切にサポートをしてくれるかを重視しましょう。

では、3社の特徴についてかんたんにみていきたいと思います。

マネラップ(マネックス証券)

マネックス証券のマネラップは、マネックス証券が紹介窓口となり、実際の運用を行うのはマネックス・セゾン・バンガード投資顧問です。

マネラップの特徴は、目標をみすえた資産計画を作成してくれる点にあります。次のような特徴があります。

  • 1万円から利用できる
  • 国内外のETFに投資することで、低コストで分散投資が可能
  • 一人一人に応じた資産運用計画を作成
  • 運営・管理費用(投資一任報酬)が0.648%(税込)、投資運用等に係る費用(投資信託の信託報酬)が0.243%(税込)となり、手数料は0.991%未満
  • 運用結果に応じてリバランスを実施
  • 継続的なフォローアップ
  • 資産の積立だけでなく資産の取り崩しにも対応

マネラップは、当初計画の「目標達成確率」という数値を示して、目標を達成するための資産運用がどうあるべきかをサポートしてくれます。

ためる、たのしむ、そなえるの3つの基本タイプを選び、簡単な質問に答えるだけで、自分の年齢やライフプランに合わせた資産計画を作成できます。

下のグラフは、40歳から20年積立をして、20年に渡り取り崩す資産運用をプランニングしてみたものです。

このように、月々の投資額などを入力すると、目標達成の確率や求められるリスクの数値が変動し、自分のリスク志向や懐具合に合ったポートフォリオをイメージすることができます。

このプランニングはおもしろいと思いました。ロボアドバイザーが“プランニング”してくれるのがマネラップの特徴です。

私に提案された資産配分は下記のようなものでした。

国内債券が約半分を占める保守的なアセットアロケーションです。

購入するものは海外ETFが中心です。いずれも低コストで、平均経費率は0.07%となっています。

ふつうの個人投資家が一人でこうしたプランニングをすることは、初心者のレベルでは難しいところです。

マネラップのロボアドバイザーを利用すれば、今後の資産形成を具体的にイメージすることができます。

楽ラップ(楽天証券)

楽ラップは、楽天証券のロボアドバイザーです。

特徴は、トータルコストが年率0.990%未満と低コストになっているところでしょう。次のような特徴があります。

  • 10万円から利用できる
  • 資産運用コンサルティングの大手であるウィリアム・エム・マーサー・ジャパン社の提供を受けて中長期的な資産配分(アセットアロケーション)を決定
  • トータルの手数料コストが年率0.990%未満
  • 世界に広く分散投資し、外貨建て資産の分散投資の対象には為替リスク「ヘッジ付き」のものも含む
  • 「TVT」(ボラティリティが高まった時にリスクを縮小するプログラム)を利用可能

楽ラップの診断は、性格の診断もしてくれて、占いのような感じです。

自分にあった運用コースの提案があります。

納得のいく資産配分を提案してくれました。

こちらも私の慎重な回答の影響か、国内債券が多めの資産配分の提案です。

 

低コストで運用してくれる点で楽ラップも好感が持てます。

 

投信工房(松井証券)

松井証券の投信工房は、2016年11月28日から開始されたロボアドバイザーです。

利用料0円で、毎月最低500円から利用可能と、低コストで利用することができる点が投信工房の特徴です。次のような特徴があります。

  • 5パターンのモデルポートフォリオを提示
  • 経済情勢に合わせてポートフォリオの変更を提案
  • 毎月最低500円からの通常積み立て
  • ポートフォリオを最適化しながら積立する「リバランス積立」
  • 投信工房の手数料は年率0.384%

ポートフォリオも広範な分散投資を提案してくれます。

投信工房の特徴は、たわらノーロードシリーズなどの低コストインデックスファンドを組み合わせて提案してくれる点でしょう。

提案通りに9資産に分散投資した場合、これを個人で管理してリバランスしていくのは結構大変です。

投信工房なら、ポートフォリオを最適化しながら積立する「リバランス積立」を利用することができます。投信工房なら、自動でリバランスをしてポートフォリオを最適化してくれます。

また、営業日積立にも対応していますので、毎月のみならず、営業日毎に分散して積立投資することもできます。通好みのロボアドバイザーです。

もっとも、投信工房は現時点で銀行口座からの自動引落しに未対応とのことです。この点は使い勝手の改善が必要かもしれません。

おすすめのロボアドバイザーまとめ

ここまで3つの条件からロボアドバイザーを絞り込んできました。

  • ロボアドバイザーの基本性能をそなえているか
  • 手数料が税込1%未満になっているか
  • 適切にサポートしてくれるか

3つの条件を揃えている会社を選別していくと、現時点では、ロボアドバイザーを利用するなら次の3社がおすすめのロボアドバイザーになります。

3社のロボアドバイザーは無料で診断できます。登録も不要ですので、まずはどんなものかを試してみるといいと思います。

マネラップは、資産運用計画が具体的な点で親切です。一人一人の資産運用計画を作成してくれる点が大きな特徴です。マネラップは、1万円から利用でき、自動の取り崩しにも対応している点で利便性があります。

楽ラップは、低コストで分散投資が可能です。利用は10万円からになっていますが、資産配分をおまかせで分散投資をしてくれますので、使い勝手があります。

投信工房は、低コストでサポートしてくれる点が特徴です。500円から利用でき、営業日積立にも対応しているなど、自分で継続することが難しい点をサポートしてくれます。投資経験者にとっても便利なサービスになっています。

ロボアドバイザーで大きなミスはなくなる

ロボアドバイザーを利用すれば分散投資をかんたんに実践できます。

初心者がやりがちな間違いやリスクを排除してくれるという面で、ロボアドバイザーは優れています。

優秀なロボアドバイザーに自分の投資をサポートしてもらえれば、初心者でも資産形成の一歩を踏み出すことができます。

ロボアドバイザーのサポートを受けて資産形成をしていくのもひとつですし、投資に慣れたら、自分自身でアセットアロケーションを構築して積立投資を展開していくのもひとつの流れでしょう。

将来、お金のことで心配しないためにも、少しずつ資産形成に慣れていきたいですね。

以上、おまかせで運用!おすすめのロボアドバイザーを比較!…という話題でした。

 

参考リンク:

日経マネーでバートン・マルキール教授がロボアドバイザーの未来を語っています。ロボアドバイザーの役割をイメージする際の、参考にしてください。

 

ロボアドバイザーを利用すれば分散投資もかんたんです。分散投資の重要性は、バートン・マルキール教授の指摘が参考になります。

 

ロボアドバイザーを利用する場合でも、資産を増やすためには「時間」が必要なことを理解しておく必要があります。ロボアドバイザーで資産形成するために必要な点です。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ