低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

「たわらノーロード」で積立継続、自動積立2016年11月分の実行。

time 2016/11/15

「たわらノーロード」で積立継続、自動積立2016年11月分の実行。

今月分の自動積立が実行されていました。

sponsored link

投資商品

今月積み立てた商品は、この5本です

特定口座

  • たわらノーロード 日経225
  • たわらノーロード 先進国株式
  • たわらノーロード 新興国株式
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド

NISA口座

  • 世界経済インデックスファンド(アセットアロケーション外)

※毎月12日に自動で購入するしくみにしています。

【参考】資産配分

※日本株式10%、先進国株式30%、新興国株式20%、先進国債券10%、日本債券30%になるよう、購入しています。

日本債券クラスは個人向け国債(変動10年)は、自動積立にならないので、気がむいたときにアセットアロケーションの範囲で購入しています。

メインバンクから自動で引き落としをして、楽天証券で自動で買い付けてもらう仕組みを一度作ってしまえば、すべて自動でやってくれます。こうした仕組みを作るのもかんたんです。

いつも通りの自動積立で本当に楽ちんです。

現在はニッセイの天下

ニッセイアセットの「<購入・換金手数料なし>シリーズ」の信託報酬引き下げは、最近のビッグニュースでした。

「<購入・換金手数料なし>シリーズ」は、日本株式、先進国株式、先進国債券、国内外リート等の主要資産クラスにおいて、信託報酬が最も低コストのインデックスファンドシリーズになります。

最近、資産クラス別に信託報酬(税込)と純資産でまとめてみましたが、自分で表にしてみたらよくわかりました。新興国クラスを除けばニッセイの天下です。

 

たわらノーロードで積立継続

ニッセイアセットの天下なのはわかっているのですが、自分は「たわらノーロード」シリーズで積立をしているものはこのまま継続することにしました。

今年投資信託を切り替えたばかりですし、最安のインデックスファンドが登場する度に投資信託を切り替えるのは、「ほったらかし投資」というわりにどこか落ち着きません。

あとひとつ気づいたのですが、自分はどうも2番手が好きなようです。

携帯電話会社はドコモではなくauです。もっとさかのぼれば、主流の携帯電話は使わず、H”(エッジ)の時代(懐かしい)からPHSで、WILLCOM時代まで長らく使っていました。

考えてみればネット証券も最大手のSBI証券ではなく楽天証券です。プリンターは最近、Canonからブラザーに変えました。どこか2番手、3番手で頑張っているものを応援したくなるところがあります。

主流とは違うところに価値があるのではないか、そう思う自分がいます。

「たわらノーロード」シリーズも信託報酬引き下げを検討しているという噂もあります。

どこの業界もライバルが必要です。

「たわらノーロード」シリーズには、ニッセイアセットのライバルになれるよう、ぜひ頑張ってほしいと思います。

積立投資のポイント

積立投資のポイントは、長期で投資をすること各クラスに分散して投資すること毎月定額で購入すること低コストの投資信託を選ぶことだと思います。

各資産クラスのインデックスファンドは、信託報酬が最安クラスのものを選ぶようにしています。

購入しているのは、たわらノーロード日経225(信託報酬0.2106%)、たわらノーロード先進国株式(同0.243%)、たわらノーロード新興国株式(同0.5346%)、<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド(同0.2106%)です。

上記の商品はすべて楽天証券で購入しています。

シンプルな積立投資を続けていきたいと思います。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ