低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

アメリカではどうやってアセットアロケーションを決めているのか?

time 2016/11/02

アメリカではどうやってアセットアロケーションを決めているのか?

今日の日経新聞の記事で、アメリカの伝統的な資産配分について言及するコメントがあり、特にその部分に興味を持ちました。

アメリカではどうやってアセットアロケーションを決めているのでしょうか。

今日はその点について紹介したいと思います。

 

sponsored link

アメリカの伝統は株式60%+債券40%?

日経新聞の記事で、アメリカでは伝統的に株式60%+債券40%が目安とされていると紹介しています。

ニッセイ基礎研究所の徳島勝幸・主席研究員は「欧米では伝統的に株式60%、債券40%のシックスティ・フォーティが目安とされる」と話す。もちろん債券も価格が下がるリスクはあるが、個人投資家が満期まで保有するつもりで買った債券なら、保有期間中の含み損を過度に気にする必要はないと話す専門家は多い。

なるほど、googleで「60% stocks 40% bonds」と検索してみると、たしかにいくつものサイトで伝統的なアセットアロケーションだと説明されています。

よく使われている説明のようです。そうなんですね。今回初めて知りました。

でも株式60%+債券40%はもう古い?

そして、検索していたら2015年のUSA TODAYにこんな記事がでていました。

「株式60%+債券40%のポートフォリオは2016年には時代遅れ」だといいます。

 

どうやら長生きがリスクになっていて、歴史的な低金利も要因となって、株式60%+債券40%は見直したほうがいいということのようです。

2016年にどうすればいいのか

2016stock

そして、USA TODAYのこの記事がおもしろいのは、伝統的な資産配分を見直しを提案しているところです。

図にあるように、年齢毎に資産配分を変更するモデルが提案されています。10年毎に株式比率を少なくしていくわけですが、70歳でもかなりの株式比率になっています。かなりのリスクのアセットアロケーションです。

そしてこの記事では、アメリカ株にだけ投資するのでは十分ではなく世界に分散投資をすることも推奨しています。

ちなみにこの提案は、アメリカのアドバイスサービスであるRebalance IRAによるものだそうです。

 

気づけば自分はアメリカの伝統的配分

今日わかったことは、「株式60%+債券40%」がアメリカの伝統的なアセットアロケーションの考え方だということです。

そして、昨今の環境変化で、アメリカでは伝統的な考え方を見直す議論がされているということもわかりました。それはそれでおもしろかったです。

ところで考えてみれば、自分のアセットアロケーションは「株式60%+債券40%」です。

何も知らずにアメリカの伝統的配分になっていますが、もしかしたら資産配分としては「古い」ということなのかもしれません。

もっと株式比率を高めたほうがいいのかもしれませんが、自分のなかでは落ち着きがよく気に入っています。自分はアメリカの伝統的な資産配分でいこうと思います。

以上、アメリカではどうやってアセットアロケーションを決めているのか?…という話題でした。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ