低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

大和投信が「iFree」シリーズ発表、注目は「iFree8資産バランス」。

time 2016/08/25

大和投信が「iFree」シリーズ発表、注目は「iFree8資産バランス」。

大和証券投資信託委託が2016年9月8日に低コスト投信「iFree」シリーズを発売することになりました。

今日の日経新聞でも報道され、大和投信からプレスリリースも発表されました。

 

sponsored link

最低コストのシリーズに

今回の発表で、大和投信の「iFree」シリーズの12本がどの資産クラスでも最低コストのインデックスファンドになりそうです。

現在、DIAMのたわらノーロードシリーズとニッセイの購入・換金手数料なしシリーズが低コストのインデックスファンドを揃えていますが、今回の発表で大和投信の「iFree」シリーズが大きなライバルになります。

iFreeラインアップ

アウター・ガイさんがいち早く速報で伝え、kenzさんやとよぴ〜さんが要領よくその特徴をまとめています。12本の内容はぜひリンク先で確認してください。

 

 

 

 

注目は「iFree8資産バランス」

なかでも個人的に注目だと思ったのは、「iFree8資産バランス」です。

「iFree8資産バランス」は、8資産均等のバランス型投信です。これ一本で8つの資産クラスに均等に投資してくれます。

iFree8資産バランス1

 

このファンドも低コストを実現していますが、それはファミリーファンド方式を採用しているからです。

iFree8資産バランス2

これ一本で8つの資産に国際分散投資が可能です。各資産クラスの代表的な指数に連動しています。

ただし、新興国株式クラスは「FTSE RAFIエマージングインデックス(円換算)」とあります。よく使われている指数である「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」ではない点に注意が必要です。

iFree8資産バランス3

そして驚きは信託報酬です。なんとバランス型投信で年0.2484%(税込)を実現しています。

iFree8資産バランス4

人気のeMAXISバランス(8資産均等型)が信託報酬0.54%(税込)ですので、これまでの投資信託の約半分の超低コストで運用することができます。

かなり思い切った戦略的な価格設定だと思います。

バランス型投信ならリバランスも不要ですし、この低コストなら、もしかしたら下手に個別に組み合わせるよりも、これ一本のほうが低コストになるかもしれません。

個人的には、「iFree8資産バランス」が一番インパクトのある内容でした。

「iFree」シリーズが買えるのは4社のみ

「iFree」シリーズを買えるのは、今のところ次の4社のみということです。

コストはリターンに大きく影響します。

こうなってくると、積立投資をするなら、もはやこのネット証券4社から選ぶことが必須の条件といえそうです。

以上、大和投信が「iFree」シリーズ発表、注目は「iFree8資産バランス」…という話題でした。

 

参考リンク:

新興国株式クラスの「FTSE RAFIエマージングインデックス(円換算)」という指数はスマートベータと呼ばれる指数です。こちらの記事を参考にしてください。

 

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に「iFree8資産バランス」が追加されました。積立投資をバランス型投信1本ではじめるなら所得税控除と非課税枠の活用を検討したいですね。

 

バランス型投信1つでシンプルに投資をすることは賢い選択肢のひとつです。複雑にしたからといって成果が上がるとは限らないところがインデックスファンドのおもしろいところです。

 

個人投資家とプロに支持されるバランス型投信についてはこちらを参考にしてください。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

投資の日常

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ