低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

楽天証券が個人型確定拠出年金に参入発表、低コスト競争加速へ。

time 2016/07/08

楽天証券が個人型確定拠出年金に参入発表、低コスト競争加速へ。

今日、楽天証券が個人型確定拠出年金の運営管理機関業に参入することを発表しました。2016年9月下旬を目処にスタートするそうです。

将来の資産形成を考える人にとっては、注目のビックニュースです。発表の内容を確認したいと思います。

 

 

 

 

sponsored link

楽天証券の個人型確定拠出年金の概要

発表された内容を一言でいえば、楽天証券の個人型確定拠出年金なら低コストで運用できるということになりそうです。

口座管理料手数料無料プログラム導入

「口座管理料手数料無料プログラム」が導入されます。

口座管理手数料は、月額210円(年間・税抜2,520円)年金残高20万円以上で口座管理手数料が無料になります。

通常の金融機関は、年間4,000円程度、高いところでは年間5000円以上の口座管理手数料を加入者が負担する仕組みになっていますので、楽天証券の口座管理手数料は最安レベルです。

これで、次の3社が口座管理手数料の最安レベルとなります。

2017年末まで手数料は全員無料

2017年末まで、キャンペーンで口座管理料手数料を全員無料にするそうです。

スタートダッシュを確実にするためのキャンペーンといえます。

「サービス開始記念口座管理手数料無料キャンペーン」

  • 実施期間: サービス開始日~2017年12月末まで
  • 対 象 者: 加入者、及び運用指図者
  • 実施内容: 2017年12月末までに発生する口座管理手数料を無料

楽天証券ウェブサイト内で一元管理

個人型確定拠出年金は、楽天証券ウェブサイト内で一元管理できるようです。

楽天証券ウェブサイト内で年金資産も管理できるわかりやすい資産管理画面を提供し、利便性の高いサービスを提供するということです。

自分の資金を一元的に管理できれば楽ちんです。楽天証券を利用している人には大きなメリットになります。

加入手続の簡素化

加入申込書への手書きの手間を簡素化することも計画されています。

手書きが減れば楽ちんですね。これも利用者目線のいいサービスだと思います。

今後の焦点は取扱い商品のラインアップ

取り扱うファンドについては、今日の時点ではまだ公開されていません。

ただ、ニュースにはこうあります。

指数に連動した値動きを目指す専用のインデックス投信など低コストの商品をそろえて提供し、20~40代を中心に需要を開拓する。

楽天証券のサイトにもこう書かれています。

 中長期の資産形成には欠かせない投資信託についても、低コスト(信託報酬)のファンドをラインアップするなど、加入者の老後資産形成を応援してまいります。

いずれの記載にも「低コスト」と書いてありますので、低コストファンドが用意されることはほぼ間違いないでしょう。

楽天証券ではロボ・アドバイザーを使ったラップサービス「楽ラップ」がスタートしましたが、そこでは超低コストインデックスファンドが用意されています。

確定拠出年金においても、楽ラップと同レベルの商品が揃えられることを期待したいと思います。

SBI証券vs楽天証券の低コスト競争へ

個人型確定拠出年金をするうえで、現時点で最も使い勝手のいい証券会社はSBI証券です。SBI証券は先行して低コストファンドを扱い、口座管理料手数料も低コストになっています。

ここにきて、SBI証券に追随する形で、楽天証券の個人型確定拠出年金の参入が発表されました。

個人型確定拠出年金の分野でも、この2社の低コスト競争が加速するということになるでしょう。

法改正前のこのタイミングでのプレスリリースと、タイミングは絶妙です。インデックス投資ナイトすらも意識しているのでしょうか。楽天証券はさすが商売上手だと思います。

個人型確定拠出年金は使わないともったいない

個人型確定拠出年金は、毎月、掛け金を拠出して運用する、いわば“60歳以降に引き出せる自分年金”です。運用成績に応じて将来の給付額が決まります。

掛金の拠出・運用、年金資産の給付の3つの段階で税制優遇を受けることができます。

将来の資産形成をするなら、個人型確定拠出年金は使わなければもったいない制度です。

2017年1月の制度改正以降、企業年金のあるサラリーマンのほか、公務員や主婦など、原則すべての国民が加入できる制度となります。

来年から新たに個人型確定拠出年金の対象になる方は、来年1月スタートですので、様子をみてから金融機関を決めても遅くはないでしょう。

楽天証券からの今後の詳細の発表に期待したいと思います。

 

【追記】

楽天証券の個人型確定拠出年金が2016年9月からスタートしました。

期待を裏切らない低コストのラインアップになっています。詳細は以下を参考にしてください。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ