低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

ジュニアNISAの必要書類は?楽天証券の口座開設手続きはかんたんでした。

time 2016/05/15

ジュニアNISAの必要書類は?楽天証券の口座開設手続きはかんたんでした。

先日申し込んだジュニアNISA口座の資料が届きました。申し込んでから数日で届きました。

ジュニアNISAの口座開設をお考えの人もいるかと思います。どのような手続きになるのかまとめてみました。

 

 

sponsored link

ジュニアNISA口座の手続き

ジュニアNISA8

こんな書類が入っています。この書類を確認しながら、手続きを進めるとわかりやすいと思います。

では、必要書類や記入する内容などについてみてみましょう。

ジュニアNISA口座開設届出書

ジュニアNISA2

ジュニアNISA口座開設届出書は、記入日を書いて印字内容を確認すればOKです。

【ジュニアNISA口座開設届出書】

  • 記入日を書く
  • 印字内容の確認する

未成年者の本人確認書類

未成年者の本人確認書類を添付します。

私は、住民票の写しを添付することにしました。

【未成年者の本人確認書類】

次のいずれか1点のコピーを添付する

  • 各種健康保険証(表裏両面)
  • 運転免許証(表裏両面)
  • 特別永住者証明書(表裏両面)
  • 在留カード(表裏両面)
  • 住民基本台帳カード(表裏両面)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(顔写真がある面)

未成年者のマイナンバー通知届出書

ジュニアNISA3

未成年者のマイナンバー通知届出書には、記入日、子どものマイナンバーを記入して、印字内容を確認します。

そして、必要書類を貼付します。

貼付とあるので、私は子どもの通知カードのコピーを届出書に貼付します。

【未成年者のマイナンバー通知届出書】

  1. 記入日を書く
  2. 印字内容の確認する
  3. マイナンバーを記入する
  4. 下記のいずれかのコピーを貼付する
  • 通知カード(表面)
  • 個人番号カード(表面裏面)
  • 住民票の写し(マイナンバー記載のもの)

ジュニアNISA4

こんな紙も入っています。マイナンバーの提示は必須のようです。

登録親権者の本人確認書類

親の本人確認書類が必要です。運転免許証がある人は、親の運転免許証(表裏両面)のコピーがかんたんだと思います。

【登録親権者の本人確認書類】

①下記のいずれか1点のコピー(写真付き)

  • 運転免許証(表裏両面)
  • 特別永住者証明書(表裏両面)
  • 在留カード(表裏両面)
  • 住民基本台帳カード(表裏両面)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(顔写真がある面)

②次のいずれか2点のコピー

  • 各種健康保険証(表裏両面)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

登録親権者との続柄が確認できる書類

子どもと同居している場合は、住民票の写しのコピーを添付します。

【登録親権者との続柄が確認できる書類】

①登録親権者とお子様が同居の場合

  • 住民票の写しのコピー

※世帯全体および世帯主とお子様(口座名義人)の続柄の記載が必要

②別居をしているなど、上記以外の場合

  • 戸籍謄本のコピーもしくは戸籍全部事項証明書のコピー

本人確認書類が同封されているか注意!

ジュニアNISA7

こんな注意書きが入っています。

子どものマイナンバーの提出親権者の本人確認書類が必要だということです。

その他の同封書類

この他にこんな同封書類が入っていました。

ジュニアNISAまるわかりガイド

ジュニアNISA5

ジュニアNISAの解説です。要点がわかりやすくまとまっています。

ジュニアNISAの約款

ジュニアNISA6

ジュニアNISAの約款が入っていました。こちらは読むのも大変です。

まとめ

ジュニアNISA申請に必要なもの

以上がジュニアNISA の手続きになります。

必要書類がいくつか必要になります。私は用意する必要書類はこうしました。

【未成年者の本人確認書類】

  • 住民票の写し

【未成年者のマイナンバー通知届出書】

  • 子どもの通知カード(表面)のコピー

【登録親権者の本人確認書類】

  • 親権者の運転免許証(表裏両面)のコピー

【登録親権者と未成年者の続柄が確認できる書類】

  • 住民票の写し

ということで、私の場合は、①ジュニアNISA口座開設届出書、②未成年者の本人確認書類(住民票)、③未成年者のマイナンバー通知届出書(子どもの通知カード(表面)コピー貼付)、④親権者の本人確認書類(運転免許証(表裏両面)のコピー)、⑤登録親権者と未成年者の続柄が確認できる書類(住民票)を送付します。

添付する必要書類は、①住民票、②子どもの通知カード(表面)のコピー、③親権者の運転免許証(表裏両面)のコピーの3点です。

一般的にも、この組み合わせが用意しやすい方が多いと思います。

ジュニアNISA口座を開設する方は、住民票を用意しておくといいと思います。住民票には、世帯全体および世帯主とお子様(口座名義人)の続柄の記載が必要です。

なお、子どものマイナンバーが住民票に記載されていれば、その住民票で未成年者のマイナンバー通知届出書の証明もできるようです。私は気づいていませんでしたが、マイナンバーの記載のある住民票と親の運転免許証のコピーの2点でも申請ができるのかもしれません。

楽天証券のサイトでも手続きを確認してください。

ジュニアNISA口座開設|楽天証券

基本的な必要事項はすでに印字されていますので、書く手間はほとんどありません。

貼付があったりして、少しクラシックな書類作成ですが、添付する必要書類を用意さえすれば、楽天証券のジュニアNISAの口座開設手続きはかんたんでした。ジュニアNISA、これで口座開設ができそうです。

参考情報

ジュニアNISA口座を開設するには、親権者がまず証券会社で口座開設をしている必要があります。

楽天証券なら親権者の口座開設もかんたんです。

楽天証券の無料口座開設は公式サイトからできます。
>>楽天証券の公式サイトを見てみる

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資のはじめかた

積立投資の手法

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ