低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

「ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第11版>」kindle版を購入、GWのお供にします

time 2016/05/02

「ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第11版>」kindle版を購入、GWのお供にします

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉――株式投資の不滅の真理」のkindle版が4月29日から発売になりました。

読書は紙の書籍だけという人も多いと思います。私も少し前までそう思っていましたが、最近は電子書籍の便利さに気づいて、スマホやタブレットで本を読むことが多くなっています。

kindle版はいろいろとメリットがあります。

sponsored link

 kindle版のメリット

本書にかぎらず、kindle版のメリットはいくつもあります。

紙の書籍より安い

kindle版のメリットの1つは、紙の書籍より安く購入できることです。本書も紙の書籍では定価2,700円のところ、kindle版では2,500円で購入できます。他の本なら、無料のものや半額以下で買えるものもたくさんあります。

本屋に行かずにすぐ読める

紙の場合は本屋に行く手間があり、郵送してもらう場合も届くまで待つ必要があります。kindle版であれば、自宅で本が購入できて、購入してすぐに読めます。デジタル媒体の最も大きな強みです。

保管スペース不要

本はスペースを圧迫します。本棚は満杯です。電子書籍ではそんな保管スペースはもちろん不要です。

持ち運びに便利

一番気に入っているのは、スマホやタブレットを持ち運べば、その中に大量の本を入れて移動できるところです。紙の書籍は物理的に重く、サイズも大きければ持ち運びが大変です。

移動時間が有意義に

バスや電車の移動時がすごく便利です。退屈な移動時間が有意義な時間に生まれ変わります。

場所と時間の制約から解放される喜び

紙の書籍版も持っているので計ってみたら、本書はなんと550グラム、厚さが3.5センチありました。愛読書の一冊ですが、旅行や移動の際に持っていくのはちょっと厳しいところがあります。必然的に読めるのは自宅だけということになります。

kindle版なら、いつものスマホやタブレットで持ち運べます。kindle版なら場所と時間の制約から解放されて、ちょっとした移動時間にも読むことができます。

今回の原著第11版で新たに追加された「第12章 財産の健康管理のための10ヶ条」は、保険、節税対策、年金制度、マイホームに加え、債券市場、金、ダイヤ、書画骨董、コレクター・アイテムなどの投資対象をふまえて、財産管理の基本が学べる章になっています。第11版の一番の目玉の章です。

書籍版で511頁もある本なので、読む気になれないという方もいるかと思いますが、投資をお考えなら第14章と第15章の2つの章だけでも読むことをおすすめします。

原著第11版をGWのお供に

kindle版で読み返してみたら、第14章や第15章にも新たな記述があることに気づきました。何度でも楽しめる名著です。

kindle版をGWのお供にしたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ