低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

日経マネーでチャールズ・エリス氏が語る、運用難時代を勝ち抜く投資の極意

time 2016/04/25

日経マネーでチャールズ・エリス氏が語る、運用難時代を勝ち抜く投資の極意

日経マネー 2016年 6月号」の巻頭インタビューは、『敗者のゲーム〈原著第6版〉』の著者であるチャールズ・エリス氏です。

日経マネーさんは、先月のバートン・マルキール教授のインタビューに引き続き、インデックス投資の大家のインタビューを特集してくれました。

sponsored link

チャールズ・エリス氏とは

チャールズ・エリス氏は、世界中で読み継がれている『敗者のゲーム〈原著第6版〉』の著者です。同書はインデックス投資をしていれば必ず名前を聞く代表的な一冊です。

同書では、投資において勝つために最も簡単な方法は、インデックスファンドを活用する方法だと述べています。

私も読んで勉強しましたが、非常に参考になります。インデックス投資に興味がある方なら読んでおいて損はない一冊です。

投資家を勇気づけるインタビュー

インタビューでは、不安定な状況下でどのように投資に望むべきかを語っています。

短い特集ですが、投資家目線のインタビューで、読んでいて参考になります。そして、心に響いたのがこの一文です。

 インデックス型の投資信託に投資していれば、個々の企業の動きに動揺することはないし、株価の値動きに一喜一憂することもない。実際、市場が悪く見えるほど、真摯な投資家にとっては良い投資の機会になる。実行するためには短期的な勇気が求められるが、市況が悪くても定期的に投資を継続することは、長期的には最良の方法である。

たった数行で、インデックス投資の全てを語ってくれています。投資家を勇気づける内容になっていて、何度か読み返すことでさらに心に響いてきます。

相場が悪くなったときに改めて見返したい一文です。

 詳細はぜひ紙面で

この他にも、インタビューではロボ・アドバイザーのことや投資家が大切にすべきことなど、多様な観点についてチャールズ・エリス氏が語ってくれています。

その後のインタビューにある、モハメド・エラリアン氏やジム・ロジャーズ氏のインタビューも興味深いです。

詳細はぜひ紙面をご覧ください。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ