低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

株価の下落局面というチャンスに向けて、きちんと準備をしたい。

time 2016/04/22

株価の下落局面というチャンスに向けて、きちんと準備をしたい。

PRESIDENT (プレジデント) 2016年 5/2号」に、ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが「株価が不安定。確定拠出年金で株の運用は危険?」というコラムを書かれています。

sponsored link

下落局面こそチャンス

そこで書かれているのは、下落局面こそチャンスであって、積み立て購入は長期間続けることで利益が得られるというものです。

わかりやすくポイントを指摘しています。

 投資では安く買って高く売ることで利益がでるため、下がったときに投資を始めることは必ずしも悪いことではない。

 

積み立て投資をしている人の中にも、株への投資を控えるべきだと考える人もいるが、株価が下がるときこそチャンスである。

 

積み立て購入は「相場を見ずに買い続け、長期間続けることで成果を得る」投資術だ。下落局面で恐怖心から売ってしまっては元も子もない。

積立投資のことを「相場を見ずに買い続け、長期間続けることで成果を得る」というふうに表現されています。「相場を見ずに」という表現が気に入りました。積立投資の王道です。

下落局面がチャンスだというのを明確に指摘している点でも、いいコラムだと思いました。

 下落局面に向けて準備をしたい

下落局面もドルコスト平均法で毎月購入を続けていけば、株価が下落している局面では、安く買うことができます。

それに加えて、将来の大幅な下落局面でスポット購入をすることで、より積極的に下落局面を利用することもできます。悲観的なニュースが流れるときにどのように対応するかも、平穏なときに考えておくといいと思います。

自分の場合、定期的な投資信託の購入とともに、メインバンクで毎月積立貯金をしています。積立貯金のほうは、臨時の支出に対応したりするのに便利に使っていますが、下落局面がきたときにはスポット購入をする資金として活用することも考えています。

下落局面では、感情をコントロールしながら積立投資を続けることが大事です。リスクを把握して最悪の事態のときにどれくらい資産が目減りするのかを想定しておくことも重要でしょう。

それに加えて、スポット購入をして積極的に利用したいというのが最近の心境です。相場がわからないから「相場を見ずに」積立投資をしているわけですが、そうであっても、相場が下がっていると思えるときにスポット購入をすることは、気休め程度にはリターンに貢献すると思います。

ニュースで悲観的な報道が流れ続ける日を待って、そのときをチャンスに変える準備を今からしたいと思います。

以上、株価の下落局面というチャンスに向けて、きちんと準備をしたい…という話題でした。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

積立投資の準備

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ