低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

税務署で確定申告をして、税金の勉強も大事だと改めて思う。

time 2016/03/11

税務署で確定申告をして、税金の勉強も大事だと改めて思う。

税務署で確定申告をしてきました。

基本的に必要な事項をパソコンで入力するだけですが、毎年やっているにもかかわらず、確定申告のノウハウはいまだによくわかりません。

sponsored link

税務署の職員さんは親切

確定申告の作業は毎年やっているので、入力作業自体は慣れました。

自宅からでも確定申告ができるようですが、税務署ならわからないときに職員さんからアドバイスを受けられるので、毎年税務署で入力作業をやっています。

税務署の職員さんは親切ですし、手続もスムーズに進むので安心です。

追加で納税となりました

私の場合、確定申告をした結果、一定額を追加で納税する流れになります。

今年もそういう結果になりました。

納税の場面で税務署の職員さんと雑談をしていると、何らかの工夫があってもいいことを笑顔で遠回しにやんわりと指摘してくれます。

来年に向けての課題

次回の確定申告に向けて、対応が必要そうなのは次の点です。

 雑所得の経費

雑所得が少しあって、経費もかかっているのですが、ちゃんと整理できていないために確定申告に反映できていません。

税務署の職員さんから、エクセルなどで管理している人が多いですよという話をされ、参考としてアイキャッチ画像の収支内訳書のモデルをくれました。

税務署の職員さんとの雑談から察するに、ここがポイントのようですw

 医療費の控除

昨年は医療費が10万円を超えませんでしたが、1年間で家族3人の医療費が10万円を超える可能性は十分にあります。

薬局などで購入した薬代も控除の対象になるのはわかっているのですが、ちゃんと管理できていません。

整理していきたいと思います。

 ふるさと納税

ふるさと納税はまだ未体験です。なんとなくよくわからないので腰が重くなっています。

インデックス投資ブロガーのみなさんのなかにはふるさと納税を利用している人も多いですね。

今年は考えてみたいと思います。

 確定申告も勉強が必要

普段は源泉徴収なので納税を意識することがないのですが、確定申告の際の追加の納税は、自分の手で納税することになります。

自分の手で直接税金を支払うと、かなりの精神的なダメージがあります。

ブログを書きはじめてわかりましたが、ブログを書くと自分がよくわかっていないことが自分のなかで明確になります。

来年の確定申告までに、税金対策をして少しでも進歩したいと思います。

以上、税務署で確定申告をして、税金の勉強も大事だと改めて思う…という話題でした。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

投資の日常

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ