低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

投資をはじめることを妻に反対される—私の投資履歴(4)

time 2016/02/28

投資をはじめることを妻に反対される—私の投資履歴(4)

sponsored link

投資を妻に相談する

ある程度の本を読み、リサーチしたところで、すっかり積立投資がはじめてみたくなった私は、妻に投資をはじめたいと相談しました。

妻のリアクションは予想外にいいものではありませんでした。

妻も独身時代に購入した投資信託を保有していることは知っていたので、なんとも意外な反応でした。妻も投資信託を保有しているのに、なぜなのか。その理由を聞いてみました。

妻の反対する理由

妻の理由はシンプルでした。

ネット銀行やネット証券が信用できるのかよくわからないというのです。

「ネット銀行は通帳がもらえないんでしょ?ネット銀行もネット証券も、もしデータが消えたら預けていた資産はどうなるの…?」といった感じです。

そう言われてみると、通帳はないらしいし店舗もないし、たしかに…という気分になってきました。

データが消えない確証はあるのかと聞かれると、うまく答えることができません。

妻に熱意を伝える

ただ、ネット証券を利用しなければ低コストで積立投資をすることは難しそうです。妻のいうことを聞いては前に進むことができません。

店舗の証券会社では購入手数料などが高いことなどを妻に説明し、ネット証券で試してみたいと話をしました。

そうすると妻はこういいました。

「あなたが稼いだお金をどうしようが口をだす気はないけど、データが消えても自己責任でね。」

データが消えても自己責任。

この重い言葉を受け止めて、楽天証券で口座開設の手続を進めました。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の準備

積立投資のはじめかた

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ