低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors

誰でも積立投資ができる時代へ。インデックスファンドを使った積立投資のコツを研究するブログ。長期、分散、低コストで資産形成を目指します。

信託報酬のわずかな違いが複利効果に影響して、数十年後に大きな違いになる

time 2016/02/20

信託報酬のわずかな違いが複利効果に影響して、数十年後に大きな違いになる

信託報酬が低いほうがいいとはなんとなく思っていましたが、長期的な影響は大きいようです。

日本経済新聞の記事が参考になったので紹介します。

sponsored link

信託報酬は複利効果に強く影響する

日本経済新聞の2016年2月1日の記事は、信託報酬の低さが複利効果に影響することを指摘しています。

複利効果とは、運用で得た収益をふたたび投資することで、いわば、利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。雪だるまのようにどんどん大きくなっていくような状況です。

以下、記事の引用です。

信託報酬が重要なのは「複利効果」を左右するためだ。運用で得た利益を継続的に再投資すれば投資元本がさらに膨らみ、利回りが一定だとしても時間の経過とともに運用資産の伸びは拡大していく。信託報酬が抑えられればその分だけ再投資できる額が増え、複利効果がより強く出やすくなる。

わずかな差に見えても、負担が長期にわたって続くため、複利の効果で運用成績に影響するということです。

複利効果シミュレーションで検証する

記事は、さわかみ投信がインターネット上で提供している複利効果シミュレーションも紹介しています。

記事はこのシミュレーションを使って、信託報酬の違いで利回りが1%違った場合、20年の運用で次のような違いがでると説明しています。

初期投資額は100万円、毎月の積立額を1万円として20年運用したと仮定する。年間ベースの想定利回りを2%とした場合の利益は103万円。一方、信託報酬が高く、利回りが1%にとどまった場合の利益は47万円と半分未満になってしまう。

信託報酬のわずかな違いが、複利効果で大きな違いになることがわかります。

自分の投資信託はこれでいいのか

投資信託は安易に乗り換えないほうがいいとこれまで思っていましたが、ブログを書いて信託報酬のことを考えていたらよくわからなくなってきましたw

少し考えてみたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

積立投資の基本

プロフィール

なるたく

なるたく

40代会社員です。2012年からインデックスファンドで積立投資を続けています。「はじめての人にもわかりやすく」をモットーに、シンプルな積立投資の方法と経験を書くことで誰かのお役に立てないかと思い、ブログをはじめました。札幌市在住。



sponsored link

アーカイブ